カイ

yumieisuke

 ファミリーの根城、巨大な門の背後には、門番である構成員、それから入口を入って長い石畳が続き、玄関の巨大な門がある、そこにはガラの悪い吸血鬼の絵画が一面に描かれている、かれはそこに座っていた、彼の頭の中には、暗闇があった、それはイメージだ、続いて暗闇に光がさす。それはいつゲン担ぎにやる事だが、両手の手のひらでまるめて親指側から覗き口をつくる。それは例えば、危機に瀕したときだとか、とてつもないチャンスがやってきたときだとか、そういうときに役がたつんだ。始まりは、あの——絶望と希望の交わったような記憶の断片——

 ある男がいた、名前はカイ、20代前半、詳細な年齢は不詳、マフィアの手下、彼は廃屋と化した城にすみついたマフィア、ジンクスファミリー、ゲン担ぎが好きなボスと、ゲン担ぎが好きな構成員、なぜだか一時馬が合って、そこに住まわせてもらう事になった、役職は“対サイボーグエージェント”彼自身、なぜそうなったのかはわからない、ただ彼に与えられたのは、闇社会の仕事と、例のゲン担ぎだけだ。

 手のひらをでつくった暗闇を覗く、仕事は簡単だ、暗殺でも、敵対組織の構成員の抹殺でもなんでもやる、簡単じゃないのは、自分の過去だけだ。
家族の悲鳴、押し入った強盗。幸せだった家庭が一瞬にして崩壊した幼少期の記憶、犬の叫び声、最後に家に戻ったのが自分だった、そこには、強盗——強盗によって奪われた幸せな未来―—彼はそこにたちつくしていた、それを救ったのは、彼等から少しの金品をうばった別の犯罪者——スリ師だった——。

 彼はスリ師によって命は救われた、だから考え続けている。今の自分——闇社会に生きる自分の信念、闇社会に正義はあるか――。

カイ

カイ

長編の外伝

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-09-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted