さながらパーティーフリーク

ぷぽ

はしたないと叱ってほしかった
噛み締めた匿名性を捨てたかった
似合わない悪癖がつよく香るとき
反応する身体を軽蔑してほしかった

ほんとうにつまらないと笑う顔が
とてもうつくしくて好きだよ
捨てきれないあなたのジンクスが守られますように

さながらパーティーフリーク

さながらパーティーフリーク

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-09-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted