しゅるしゅると踏む

しゅるしゅると踏む

西園寺リルケゴール作品集1

短歌十首。

   



   



   

  



   



   



 




細い雨の筋

ひと 懐かしくなる

停まる

唐突に

遠い昔




かちゃりと 

    ライターの砥石の 声

  一瞬が

身震いする

     生きている




・・・・・・緑や 青や 赤がよぎる

孤立無援の足音 

     しゅるしゅると踏む




思い出す雨露はあの日からいくつものわたしがちぎれています




雨にもきっと色があります

この

打ちひしがれた 

孤高の色彩




雨音が

   ちりりと 

    呼吸する

続く日々

ときおりは ひとが かすれて




雨はあの日も海に出会いました

かつてわたしにもひとがいました




雨の織る街

地下鉄

風音

   通りすがって 

   あまりに はかなくて




遠い声

ひとからの笑み

残照

そっと花を手向けたあの思い




雨水が窓際から

ひとを訊ねる

「思い出すのがつらいのです」
   



   



   

  



   



   



 

しゅるしゅると踏む

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

歌集を電子書籍で発行しました。
よかったらお買い求め下さい。
http://amzn.asia/4PTNRkt

しゅるしゅると踏む

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-09-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted