3月14日

Sunano Radio

左手の薬指の、硬くなった瘡蓋を剥がしたら、浅黒い血がじわりじわり出てきた。私はそれをぺろりと舐める。デジタル時計はいつものように(!)夜の3:14を指している。あの人の誕生日。3月14日。いつものように、私は激しく狼狽する。

虫よろしく吸い込んだ、たっぷりの白い蜜を、今すぐ胃から全て吐き出さないと生きていけないと悟った私は、薬指の傷をむちゃくちゃに掻き毟った。痛いけれど、なぜか気持ち良い。トマトみたいにじゅくじゅくになって、また新鮮になればいい。私の愛は、爪に溜まったこの血肉の塊のようだ。まるで誰の為にもならない。残るのはこの痛みと快楽だけだ。あなたに贈ったつもりでいた言葉の数々は、全てが嘘だった。嘘にも成り切れない壊疽(えそ)だったかもしれない。泣いていたのは、いつも自分の為だった。

発情期の猫みたいに欲していた感覚とは何だったのか、今になってはもう分からない。

3月14日

3月14日

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-09-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted