8月の短歌(2018年)

さちこ

風鈴の中に空虚があるように俺の人生には何もない

打ち上がる花火の数と消えてしまう花火の数は常に等しい

銀魂が終わると知ってもう俺もニート侍ではいられない

平成が過去になろうとする夏の蚊取りマットとカレーの匂い

一握の上坂すみれさえあればきっと人生事足りるのに

牛乳が欲しかったけど生憎と財布にトルコリラしかなくて

イラストやみたいな無垢な顔だけどすでに6万爆死している

イカリングからイカだけが分離するさまを別離の悲しみという

もうそんな叶いもしない恋なんか辞めてポルカを踊りましょうよ

クーラーの効いた部屋から一歩だに出ないためなら神をも殺す

ディジュリドゥ、覚えてますか 君がまだ木であったころ夢見た海を

8月の短歌(2018年)

8月の短歌(2018年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain