猫姉と犬弟

海獅子(マーライオン)

今回、初めて星空オリジナルの作品を上げてみました。

相変わらず、下手な内容ですが。
もしそれでも宜(よろ)しければ、どうか御覧ください。

 残暑も厳しい、ある夏の日。



 「はあ〜、涼しい・・・」



 僕は、居間にてエアコンで涼んでいた。

 近年では考えられない、異常な猛暑である外とは打って変わって。
室内は、まるで天国の様に過ごしやすい。



 「(チリリン〜)」



 締め切ったサッシから聞こえるのは、わずかに風鈴の音だけである。

 その風鈴が、風に揺れて透き通った音を鳴らしていた。



 「気持ち良いなぁ・・・」



 余りに涼しくて気持ち良いので、無意識にそう漏らしてしまう。

 今日は、学校の補習も無い日なので、朝から家で何もせずにノンビリしていた。

 せっかく用事が何も無いのだから、こんな暑い外に出たくはない。

 そう思いながら、怠惰(たいだ)な時間を(むさぼ)っていたら。



 「(のしっ)」



 僕の足に何かが、乗ってきた。

 それは結構、質量があるのだが、決して重いと言えるほどの重さがある訳でも無かった。

 一瞬、何かと思い、目の前を見ると。



 「えへへっ〜♪」



 一人の女の子の姿があった。

 女の子は、僕とほぼ同じくらいの年頃で。
顔立ちは整っており、特に少しタレ気味の目元が特徴的な。
ひと目で穏やかな性格だと分かる、可愛い系の美人である。

 髪は前髪を切り揃えた、背中までのストレートの黒髪で。
スタイルは、スラリとしたスレンダーな体型だが、出てる所は出ていて。
特に胸に、つい目が行ってしまいそうだ。

 服装は、シンプルな白い部屋着のワンピースを着て。
その格好のまま、僕の膝の上に横座りで座っていた。



 「もお〜、姉ちゃん。
 イキナリ、何をするの〜」

 「うふふっ、チョット冷房が効き過ぎて寒くなったから。
 ケイちゃんで温まろうと思ったの〜♡」



 そう、僕の膝の上に乗っかって来た女の子は、僕の姉である。

 姉ちゃんは、まるで気まぐれな猫の様に。
こうして、僕に構うよう催促(さいそく)する事がある。

 その一方、僕が相手をしようとすると逆に、スルリとスリ抜けてしまう。

 本当に、猫みたいな姉ちゃんだ。

 しかし普段は、見た目通りの穏やかな、人当たりの良い面しか見せなくて。
そんな気まぐれな部分は、僕だけにしか見せなかった。

 思えば昔は、僕の方が姉ちゃんに甘えた方だったが。
僕の身長が、姉さんを追い抜いた辺りから、そうなった様な気がする。



 「・・・ねえ、ケイちゃん。
 いつもの様にして、お姉ちゃんを温めてちょうだい・・・」



 そんな事をつらつらと考えていたら、姉ちゃんが右向きに座った状態からにじり寄り。
上目遣(うわめづか)いで甘えるようにして、僕に要求してきた。

 姉ちゃんが自分から催促する時は、大抵、ハグをして欲しいのである。



 「(ギュッ)」



 それを聞いた僕は、ため息を出しつつも姉ちゃんを抱き寄せる。



 「ケイちゃん・・・、あったかいよ・・・」



 抱き寄せて、できる限り体を密着させると。
姉ちゃんが、(かす)かな声でそう漏らした。



 「(なで・・・、なで・・・)」



 そうやって、姉ちゃんを抱き寄せたら、僕の肩に顔を付ける形になったので。
彼女の頭を撫で始める。

 こう言った行為はいつもの事であり。
姉ちゃんは、僕がハグをすると、必ず撫でる事も同時に要求してくる。

 毎回、姉ちゃんが、そうやって言ってきている内に。
僕の方も自然に撫でるようになっていた。



 「(なで・・・、なで・・・)」



 姉ちゃんの頭を撫でる。
それもただ、手で表面を滑らすだけでなく、髪を()く様にして撫でたり。
あるいは、頭皮を揉むようにしたり。
または、髪を揺するようにしてして撫でたりと。
その滑らかで心地よい感触を、思う存分堪能(たんのう)する。



 「・・・はあっ」



 そうやって撫でていると、気持ち良さそうな声が聞こえてきた。
どうやら余りの気持ち良さに、声が出てしまった様だ。



 「(カリ、カリ、カリ・・・)」

 「・・・ケイちゃん。
 私、猫じゃないよぉ・・・」

 「猫だよ。
 きまぐれで、甘えたい時に甘えてくる所なんかは」

 「もお・・・」



 次に僕は、姉ちゃんの耳の裏から顎にかけての部分を、まるで猫を(くすぐ)る様にして()いた。

 当然、彼女が抗議してしてくるが。
僕がそう返すと、不貞腐(ふてくさ)れてしまうも、それでも掻くのを止めようとはしない。

 何だかんだ言っても、気に入らない訳では無いらしい。



 「・・・んんっ」



 姉ちゃんは、僕の肩に頭を乗せながら満足そうにしている。

 その様子は、まるで撫でられて喉を鳴らす猫の様だ。

 こうして僕はしばらくの間、膝の上の姉ちゃんを撫でて居たのである。


 **********


 「ねえ、ケイちゃん・・・」

 「ん、なに、姉ちゃん?」



 こうして、しばらくの間、姉ちゃんを撫でていたら。
僕の肩に頭を乗せ、ウットリしていた彼女が突然、そう言ってきた。



 「私なんだか、急にケイちゃんをギュってしたくなっちゃった・・・」

 「えっ?」

 「えいっ!」

 「(ドサッ)」



 姉ちゃんそう言って腰を浮かせると、イキナリ僕に頭に抱き付き、右横に押した倒した。

 僕は、背中を背もたれから離していたので、簡単に倒されてしまう。



 「(ギュッ)」



 ソファーの上で横倒しになったまま、姉ちゃんは僕の頭を抱き締める。

 すると僕の顔が、柔らかい物に包まれた。



 「ほら、ほら、ケイちゃんもギュってしてよ」



 今度はそう言って僕の腕を握り、自分の腰に持っていく。
姉ちゃんの言う通り抱き付くと、思った以上の細さに内心驚いた。



 「(なで・・・、なで・・・)」

 「うふふ、ケイちゃんの背中、広くて撫で(ごた)えがあるね〜」



 何だか嬉しそうに、そう言いながら。
姉ちゃんが左手で僕の頭を抱えたまま、右手で背中を撫でる。



 「・・・はあ」



 背中を滑る手の感触の良さに、今度は逆に僕が溜息を漏らした。



 「(トン・・・、トン・・・、トン・・・)」

 「おねえちゃん・・・、きもちいいよぉ・・・」

 「クスクスクス」



 次に、背中を撫でていた動きが、指先で軽く叩く動きに変わる。

 その体に染み入る様な優しい動きに、僕は思わず昔のような甘えた声を出し。
それを聞いた姉ちゃんが、可笑(おか)しそうに笑う。



 「ねえ、ケイちゃん?」

 「ん・・・、なあに・・・」

 「女の子にとって、理想の弟ってね。
 体が大きいけど優しくて、自分の言うことを素直に聞いてくれて。
 でも、イザと言う時に頼りになる、例えるなら優しい大型犬みたな子なのよ」

 「そお・・・」



 抱き付いた体の柔らかさ、特に顔全体に包まれた二つの膨らみと甘い匂い。
背中に染み入る手の動きで、スッカリ意識がボンヤリしていた僕に姉ちゃんが言った。



 「だから、ケイちゃんはワンコみたいだよ」

 「もお〜、僕は犬じゃないよ〜」

 「ううん、ケイちゃんは優しくて、素直で、結構頼りになる。
 私の可愛いワンコだよ」

 「(ギュッ)」

 「んっ! んんんっ」



 姉ちゃんがそう言って、僕の頭を強く抱きしめると。
口を塞がれた僕が、息が出来なくなった。



 「こうして、ケイちゃんを抱いたり背中を撫でていると。
 何だか、大きなワンコを可愛がっているみたいだし」

 「(なで・・・、なで・・・)」

 「・・・あぁ」



 窒息して一瞬、意識が覚醒したが。
続いて、再び背中を撫でる感触に、また意識がボンヤリしてくる。



 「(スリスリスリ〜)」

 「もお、ケイちゃん、擽ったいよお〜」



 顔を覆う感触の気持ち良さに、思わず頬ずりをすると。
擽ったそうに、姉ちゃんが身を(よじ)る。

 しかし、かと言って、僕を離そうともしない。

 気持ち良いけど、姉ちゃんが可愛そうなので、頬ずりするのを止める。



 「ホント、ケイちゃんは甘えん坊だから」

 「(なで・・・、なで・・・、なで・・・)」



 背中に変わり、今度は僕の頭を撫で始める。



 「おねえちゃん・・・、おねえちゃんだいすきだよ・・・」

 「クス、お姉ちゃんもケイちゃんが大好きだよ」



 撫でられている内に、昔の事を思い出し、つい姉ちゃんに甘えると。
姉ちゃんも笑いながら、そう返す。

 その後も僕は、姉ちゃんに成すがままにされていたが。
別に不快ではなく、むしろ、このままずっと居たい位である。



 ・・・



 こうして二人は、この様に。
お互い、甘えたり甘えられたりしながら、ユッタリとした時間を過ごしたのであった。

猫姉と犬弟

猫姉と犬弟

暑い夏のある日、涼しい室内で仲の良い姉弟がくっ付きながらイチャつく、甘ったるい物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC