7月の短歌(2018年)

さちこ

星祭りしましょう、いいえ、星祭りが何を指すかは分かりませんが。

押すたびに虚無が生まれるボタンです。ワンクリックで虚無が殖えます

夏の日の記憶よ 母星ともどもに銀河の腕に抱かれてねむれ

終わらない夏とかないし汐風は嫌いじゃないし泣いちゃいないし

フィボナッチ数が最後の鍵となり、静かに落ちる線香花火

この歌をあなたが読んでいるということは私は死んだのでしょう

この文は一年前の夏日から未来へとつぶやいたものです

如意棒にゴーヤが絡みついていて雑コラかよと呟いている

練炭は持っていくので、明くる朝、俺と一緒に自殺しましょう

ネコ耳を探しに行くと言い残し父は単身パリに渡った

台風はぼくが南の洋上で「おりゃあ!!!」と言うと発生します

目を閉じて想像しよう シロナガスクジラのうんこが沈むゆくえを

大卒なくせに弱者な俺ですが一緒にポテトいかがでしょうか

カーテンが風を孕んで1/fのゆらぎを象っている

翔ぶセミを分子レベルで粉々にすると噂のムエタイキック

7月の短歌(2018年)

7月の短歌(2018年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain