夕方ふたり

嗄鳥鳴夏

いくつもこんなことをしてきたのに
それを忘れて僕ら同じことを繰り返す
ああ いつものように君と夕空の下でさ
ベンチに座って学校の話とかしていたいよ

ねえ 周りは 僕がしっかりしろとか
君がしっかりしろとか 言ってるけれど
本当のところは今は分かんない
きっと別れてからしか何も分からないさ

いくつもこれからも指を切るけど
いつか擦れて僕ら裏切りをしてしまう
でも その時までは君と夕空の下でさ
手を握って未来の話とかしていたいよ

ねえ 世界は 正しい恋愛の仕方なんて
分かっていないくせに 馬鹿にするけれど
馬鹿かどうかは未だ分かんない
きっと付き合っている間は何も分からないさ

夕方ふたり

夕方ふたり

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-07-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted