snow-white snowball

さちこ

覚えてるの いつかの寒い日に
君は一人 舞う雪 見つめてた
ポケットに両手をつっこんだ姿が
まっさらな空気のなかで 凛として見えたんだ

夜はこぼれたペンキのように 空のてっぺんから藍に染まるの

スノーボールみたく雪はチラチラそそぐ
間近見る君の目はいつも優しくて
強がんないで、ねえ、傘さそうよ?
二人きりじゃなくてもさ

ありがとう って つぶやく君の声
白い息が瞬くように溶けた
澄みきった世界のなか すれ違う人でさえ
あたたかな何もこわくないような気持ちにさせてくれた

街ははんなりネオンにみちて 灰色の雲もとろけてしまうの

スノーボールみたく雪はチラチラそそぐ
いまに覚めてしまう夢みたいだけどね
強がんないで、ねえ、傘さそうよ?
二人きりでいさせてよ

snow-white snowball

snow-white snowball

歌詞

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY