片道飛行

幸水 ぶどう

飛行機は飛び立つ

惑うわたしを乗せて

無限の闇夜に向けての切符を買ったわたしは

ここにはもういない

今はただ

しらずしらずのうち選択肢を絞られた

こころぼそいおんながただひとり

否応無しにわたしを席に括り付け

空を行かんとする空母は

空へ向かうべく勢いよく滑走する空母は

絶望という選択肢

ああ全ては絶望という選択肢

片道飛行

片道飛行

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-07-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted