ふるさと

野良猫ハミル

暗い土地だと思う



駅に近づくにつれて、不安が大きくなった



郷愁はどこへ



また1人死んだという


また1人、気を病んだという


老いゆく灰色と乾いた血の色が、並んでゆっくりと腰を下ろす様が浮かんだ


「どうにも、鈍感でないとやってられないよ。」

ラーメンを食いながら彼が言った

「まぁ。」

ビールを注ぎながら答えた

「もういいじゃないですか。」

「ん、何が。」

「…考えなくても。」

「いや、俺のいう鈍感がその考えないってやつだよ。鈍感だから考えないだろ?考えないから鈍感なんだよ。繊細なやつがよく考えてるとも思わないけど、そういう奴は考えすぎてることも多いだろ。」


途中から、何を言ってるんだか耳に入ってこなかった


口から何か飛ばすんじゃないかと思って、コップのビールを飲んで自分寄りに置き直した

ただ寄せたんじゃあ感づかれるだろうと思って、無理に一口飲んだ


あんたは十分鈍感だから、考えなくても良いってのに


「お前あれだろ、考え過ぎるタイプだろ。いまも暗いもん。見てわかるよ。前からだけど。」


腰を下ろしていた私の印象が、少しだけこっちを向いた


「まぁ。鈍感なら楽に…なれるんでしょうかね」


本当は、「楽でしょうね?」と言ってやりたかった



「自分にとっては楽だろうなぁ。鈍感ゆえに周りの人を傷つけるかもしれないし。繊細な奴は自分だけ苦しんだりすんだろうな。」



自分だけ、かぁ


あれ、あれれ、私の灰色の印象が向こうへ行ってしまう



「あぁ、でしょうねえ。」



卑屈な人なんて、自分が思ってる以上に何も考えてなんかいないかもしれないな

こいつ、ちゃんと噛んでるのか

いま丸飲みしたんじゃないか


あ…

私の印象がどこかへ消えてしまう



「はぁ。つまらないな。」

「まぁ。」

「最近いいことないもんなあ。」



孤独を感じた

なんともいえない孤独で、私の顔は歪んでいる



「汁、飲むんですね。大丈夫ですか、健康。」

「良いだろ、そんなの大丈夫だろ。毎日じゃないし。やっぱり考えすぎだよな、絶対そうだよ。」

「気にしちゃうんですよね。そうかも知れないです。」


「行くか。」

「行きますか。」



もう私の印象はどこにもいない

取り残された



「じゃ。」

「どうも。」


奥さんによろしくと伝えた

彼はやたら優しい笑顔で、えくぼを残したままあっちに向いて歩いて行った


たぶん振り返らないだろうな

そう思ったら、彼は一度振り向いて軽く手を上げた

ふるさと

ふるさと

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-07-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted