*星空文庫

カタストロフ(ごく瑣末に)

西園寺リルケゴール 作

カタストロフ(ごく瑣末に)

   



   



   



   



   



   



   



  
こんな夜は気分が落ちるばかりだ。

プラスマイナス0に辿り着けない。




明け方に向かって、なだらかな下降線を辿り、

ありきたりな希死念慮へ着地する。



ありふれたそんなカタストロフ。



いずれ君の優しさを乞うだろう。




最近はよく思い出すけど、

きっと冬の寒さのせいだ。

誰のこともきっとどうだっていいんだろう。




だからとりあえず君を僕の感傷が刹那に選ぶ。



日常へのアディクションなんて疲れた。




愛してるなら、



探してくれ、



きっと逃げ出すから、



だって本当に愛している。


   



   



   



   



   



   



   



  

『カタストロフ(ごく瑣末に)』

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

『カタストロフ(ごく瑣末に)』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-07-12
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。