*星空文庫

生まれて

サノア 作

膨らむ希望を撫でて、アナタを待っている。

火を灯したキャンドルが短くなる
様子を見つめながら。

町中に溢れた音や、闇夜を照らす光。

綺麗なものをたくさん見せてあげたい。

語りきれないほどの、希望と共に歩いて欲しい

神様、貴方が本当にいるというのなら。

どうかこの痛み以上の幸せをこの子に与えて。

たまには心に鍵をかけることがあるでしょう。

その時には涙をただ拭ってあげたい。

アナタが存在している、それだけでいいの。

だからはやく抱き締めてみたいな。

『生まれて』

『生まれて』 サノア 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-06-14
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。