天井裏

草片文庫(くさびらぶんこ)

天井裏

茸短編SF系小説です。PDF縦書きでお読みください。


    
 夜中に目が覚めると、天井の上でなにやらごそごそと音がする。鼠かとも思ったが、走り回ることはしない。二階の寝室の上は、広くはないがロフトになっている。ロフトになにかいる。朝おきたら覗いてみようと思い、また眠りに落ちた。
 朝起きると、いの一番にロフトをのぞいてみた。昔からあるものや、自分で買って不要になったものが山盛りに押し込んである。全部どけなければ何がいるのかわからないが、ともかく一通り見たが生き物がいる気配はない。もちろん鼠の糞も落ちていない。
 夜になると何かが入り込むのだろうか。仕事から帰ったら、もう一度見てみることにして、ロフトから降りた。
 その日、鼠捕りを買って家に帰り、寝る前に、ロフトにおいた。その時点ではなにもなかった。ロフトには古い人形なども入れてあるので齧られるともったいない。ところが、その夜中にも天井でごそごそと音がする。音は長く続くわけではなく、おそらく一時間ほどだろう。毎日覗くのだが、一週間たっても鼠は入っていないし、なにもみつからない。それでも、夜中に一時ゴソゴソと音がする。
 そんなことが半月も続いたある夜、ぽとぽとといつもとは違った音が耳に響き、目が開いた。ベッドの上から天井を見ると、四、五センチほどの丸い穴が開いていて、暗闇がみえる。何か青っぽいものがその穴から自分をのぞいた。
 こりゃいかんと、半身をおこして、電気を点け、穴を見ると、覗いていたやつがいなくなった。何だろうと見ていると、また何かががのぞいた。きっと違うやつだ。黄色っぽいやつだ。鼠だととがった鼻でわかるのだが、そうではなく、丸っこいものが見えるだけである。
 本当に目が覚めてしまいそうだ。
 すると、ポトンと、目の前になにかが落ちてきた。布団から拾い上げてみると、茸だった。茶色のひしゃげた傘の茸だ。
 何で天井裏に茸が居るのだ。そう思ったとたん、茸が僕の手からするりと飛び出すと、宙に浮かんで、にたっと笑った。そう、目鼻口が茸の傘に開いたのである。そうして、
 「寝相が悪い奴だ」とニタニタと笑った。
 これは決して夢ではない。と思ったとたん、
 「そうだ、夢ではない、現実だ」
 と茸が言うのである。
 「どこからきた」
 と聞くと
 「おまえはどこから来た」と言う。
 一昨年、この一戸建てに越してきたのである。都内のマンションに住んでいたのだが、仕事の都合上と、そろそろ、嫁さんを迎える準備ということもあり、この郊外の中古の一戸建てを購入したのである。
 「新宿から来た」
 「ほら、あんたが来たんじゃないか、おれたちゃもともとここにいたんだ」
 僕の方が進入者だったのか。
 「そりゃ知らなかった、前の持ち主から買ったのだが、住人が居るなどと聞いていなかった」
 「前の持ちぬしは俺たちで、お前に売った前の持ち主は本当の持ち主ではない」
 「前の持ち主の人間は、茸たちが居るのは知っていたのか」
 「知ろうともしなかった、俺たちがでていくと、しばらく目をつぶって、はい、いなくなった、と見ない振りをした」
 「どうしてだろう」
 「頭がおかしくなったと思ったのだ」
 「僕もおかしくなったのかと思っている」
 「いや、思っていない、あんたは、楽天的だから、どうでもいいと思ってるんだ」
 「茸が話をするなどと言うのは聞いたことがないものな」
 「世界が違うんだ、俺たちの世界では、動物が光合成をして酸素をつくって、植物が動物を食うんだ」
 「この世界では、茸は植物ではない、菌類という別の区分だ」
 「俺らの世界では、植物の頭領が茸だ、いうなればこの世界のほ乳類、霊長類、そして人類だ、植物や動物より茸のほうが後に進化したんだぜ」
 そこへ、また、別の茸が落ちてきた。真黄色だ。
 「兄ちゃん、人類と話をすると怒られるよ」
 「ああ、でも大丈夫だ、こいつはいい加減だから」
 失礼な茸である。
 「あんたたちの世界って言うのは遠いのかい」
 「遠いわけがないだろう、その穴だから隣だよ」 
 「ロフトにいなかったじゃないか」
 「ロフトはあんたの世界だろう、たまたま俺たちの世界の、便所だ」
 「トイレに来てのぞいていたのか」
 「そうだよ、おれたちゃ、ここでガスをひる」
 「屁のことか」
 「音もでなけりゃ、匂いもないよ、この星の空気には入らない」
 「どうしてだい、あそこに穴が開いているじゃないか」
 「見ることができても、違う世界だから入れない」
 「お前たちが入ってきただろう」
 「俺たちだけが行き来できる」
 「なぜだ」
 「あんたのいい加減な頭と、楽天的な性格と、まあ、いろいろ重なって、あの穴ができたのだ」
 「ところでなあ、この部屋でときどき、液体を飲んでいるだろう」
 「酒か」
 「あれはいい匂いだ」
 「アルコールだ」
 「知っている。玉子を発酵させたものだろう、どうだ、一杯くれないか」
 「そりゃいいが、発酵させているのは玉子なんかじゃない、米や、麦や、果物だ」
 「おい、おい、そりゃみんな、植物の子どもなんだぜ」
 「ああ、そういわれりゃ、そうか」
 僕はとりあえず、角瓶をグラスに注いで茸の前に置いた。
 「お兄ちゃん、大丈夫」
 「大丈夫だよ、茸族ではじめて酒というものを飲んだ英雄になれる」
 「だけど、死んだ玉子から作ったものだから、共食いだろう」
 「こっちの世界をみてみろよ、人間がほかの動物をみんなくっちまう、食うために飼っているんだ、ほかの動物だって、肉を食らうのは沢山いるじゃないか」
 「たしかにな」
 お兄ちゃんと呼ばれた茸の傘の真ん中に口が開くととんがって、蛸のように伸びて、グラスの中の小金色のウイスキーの中につっこまれた。
 「うまいな、体の中がきゅいーっと熱くなる」
 「茸でもやっぱりそうなのか」
 「おい、この世界の茸とは違うんだ、俺たちの世界ではこのように水も飲むし、動物も食らう」
 「酒は造っていないのか」
 「動物をすりつぶして発酵させたって、臭いだけだ、こっちの世界の死臭だよ」
 「そうか、ほかのも飲んでみるか、葡萄を発酵させたのがあるが」
 「そりゃいい、頼む」
 「お兄ちゃん、僕も飲んでみる」
 「ああ、うまいよ」
 小さい方の茸も口を伸ばしてウイスキーを飲んだ。
 「ほんとだ、おいしい」
 僕は栓の開いているぶどう酒を冷蔵庫からもってきて、グラスについでやった。
 「紫色か、いい色だ」
 といいながら大きい茸が口を伸ばした。
 「まずかないが、すっぱいし、アルコールが弱い」
 「ウイスキーの方が好きか」
 「ああ、あの濃いのは最高だ、身体がしびれる」
 「もっと強いウイスキーを飲んで見るかい」
 「そんなのがあるのかい」
 「イギリスという国の、小さな島で作られたもので、薄めてない、そのままの強いやつさ」
 僕はラガンブーリンの樽だし58%というのをグラスに入れた。
 「すごい匂いだ、いいね」
 茸は口をとんがらせて、ラガンブーリンを吸った。と、突然大きな声をだした。
 「おー、効く、うまいねえ、身体が崩れそうだ」
 そして、茸はその場にばったり倒れた。
 「あ、兄ちゃん」
 小さな茸が大きな茸の上に飛び乗って揺さぶった。
 「寝ている」
 「酒を飲むと眠くなる、お兄ちゃんというのは兄弟って言うことなの」 
 「そうだよ、僕より一年より前に菌糸から生まれたからお兄ちゃん、一年より後に生まれたのは僕の弟」
 「それじゃ、沢山兄弟がいるんだね」
 「そうだよ、でも、違う種類だと兄弟じゃない、いとこになるのかな」
 「なるほどね」
 「君は男の子なの」
 「なあに、それ、男の子って」
 「君の世界でも植物にはなくても動物にはあるでしょう」
 「ああ、きっと、こっちの言葉で、異性っていうことね」
 「そうだよ」
 「あるよ、一性、二性、三性、四性、五性までね、一性と一性で二性の子供ができて、二性と三性で五性ができる」
 「なんなのそれ」
 「DNAが五重螺旋なのだ」
 と、お兄ちゃん茸がむっくりと起き上がった。
 「もう、覚めた、腹が減った、もっとウイスキーくれ」
 ぼくはまたウイスキーをそそいでやった。
 「ウイスキーはうまいね、なにかつまみはないか」
 大きな茸はだんだん大胆になっていった。
 「いつもはなにを食っているんだ」
 「動物だよ」
 「どんな虫が好きなんだ」
 「ばかいうなよ、哺乳類だよ、よく食うのはこの世界で猫と言っている奴だ」
 ぼくはちょっと驚いた。
 「猫をどうやって食べるんだ」
 「生で食うんだ」
 「うちには猫はいない、ところで、あんたたちの世界には人間はいるのか」
 「いない、動物はそこまで進化しなかった、だから俺たちが進化した」
 「猿はいるのか」
 「いる、だが、絶滅危惧種だ、腹減ったなんかないか」
 「肉の買い置きはない、そういやあ、ビーフジャーキーがあった」
 僕はそれをもってきてやった。
 大きい茸と小さい茸はかぶりついて、
 「うん、なかなかうまい」、
 あっと言う間に食っちまった。
 「ところで、猿は何で減っていったんだ」
 「食っちまったんだ、旨かったから、でも、今じゃ動物園で大事に飼われている、もっとなんかないか」
 茸は口をとがらせて、ウイスキーを吸っている。
 「猿がうまいのなら、人間はもっと旨いのじゃないか」
 と言って、傘に目玉ができると、私を見た。
 そして、傘に大きな口が開くと、飛び上がり僕を頭から飲み込んだのである。
 いま、茸の腹の中で、僕は溶け始めている。でも痛くも何にもない。
 「お兄ちゃん、ぼくも食べたい」と小さい茸が言っているのが聞こえる。
 「この天井穴はなくならないから、次の人間がきたら、また来ようね」と、
 大きな茸が返事をした。


「遊茸空」所収 20XX年 自費出版予定 一粒書房

天井裏

天井裏

寝ていると、天井の穴から茸が覗く。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ホラー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted