胎動 -Quickening

あしもす

胎動 -Quickening

はじめ、ここには何もなかった
海と空が出会う、地平線の彼方
偶然なのか、必然なのか
命がにわかに生まれた
昇っては沈む太陽のように
満ちては欠ける月のように
命もまた生まれては消えて
消えては生まれた

どうしようもない、果てしもない
その繰り返しの前に
私たちは祈ることしかできなかった
ただただ祈る
脈々と命は流れる
ただただ祈る
命は一体どこへ流れていくのだろう
ただただ祈る
安らかなることを…
大地の鼓動がかすかに聞こえる
そして、また祈る

胎動 -Quickening

胎動 -Quickening

同人CD「ASMR×MUSIC」の一曲目に使用した詩。 直前に祖母が旅立って、ふと考えたことを書き留めた。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-05-25

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND