雑を喰う

野良猫ハミル

与八は一本の長い道を歩いていた。道の両脇は水田である。水を張る季節は終わり、一面に薄い茶色や淡い黄色の景色が広がるきりである。
昼過ぎ頃のこと。

田んぼ道に、「雑」を喰らう鳩がいる



なんとも不気味だ


与八は はっとして唾を飲み
手の甲で顎をこする

磔にされた百姓が頭をよぎった



乾いた草の上を歩く鳩の足音が、妙に響く



与八はまた歩き出し、川に鰌がいるんじゃないかと無理に意識を逸らした


前の小屋の屋根には烏が三羽
ただじっとしている



与八は鳩の音に目を見張った



雑を喰う鳩は、いたんだぁ

おれは見た

おれは見た…

そう繰り返し、与八は一本道を歩き続けた

雑を喰う

雑を喰う

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC