帰路

嗄鳥鳴夏

帰り際に
僕の耳元で囁いた君
TAXIの轟音で
掻き消されたよ

最近いい感じだったから
何て言ったのか
気になって仕方がないよ
いつもより笑って見えたのは
気のせいじゃないはず
君よ 気をつけて帰るんだよ

帰り道で
さっきを再現してみた
傍から見たら
きっと気持ち悪かったはずだよ

これからいい未来がやって来るなら
僕は何でも出来るよ
全部全然苦しく感じないよ
僕は君が大好きなんだよ

いずれ二人の終わりがやって来るなら
僕はやってらんないよ
だけどそれが分かっているなら
僕はそれまで君を幸せにするよ

帰路

帰路

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-05-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted