おとぎ話ヒーローズ

mik

はじまり

新しいイグサの香りが漂う純和風の部屋。その真ん中には、主人の趣味であろうか、大きな白い大理石の猫足テーブルと揃いの椅子が置かれていた。

そのテーブルを囲み、十代前半と思わしき少年少女が腰かけている。

一人は、赤いフードをかぶり、白いエプロンをつけた少女。籐でできたバスケットを抱えたまま、素直そうな栗色の瞳は、やや緊張した様子で周りを伺っていた。

一人は、腰まであるブロンドの髪で、カチューシャをつけ、水色のワンピースを着た少女。不思議なことには慣れている、といった様子で悠然と腰かけていた。

一人は艶やかな長い黒髪を持ち、新緑の和服を着た可憐な少女。和紙と竹でできた扇子を持ち、長いまつ毛をふせ、静かに考え事をしているようだった。

一人は、唯一の少年であった。賢そうな顔立ちで、ポケットのたくさんついたベストを着ていた。隣の妹を気にかけながら、ため息をついていた。

最後の一人は、肩まである髪を二つのおさげにした、賢そうな顔立ちの少女。兄の視線を物ともせず、口の中でコロコロと飴を転がしていた。


突然、重々しい音て部屋の扉が開き、小柄な影が入ってきた。
「やあ、諸君!!お待たせしたにゃ!」

「今日から、君たちにはヒーローになってもらいます!」

しぃん、と静まり返った部屋。部屋に入ってきた猫は、あれ?と首をかしげながら、長靴をはいた二本足で歩いて、少女達と同じテーブルについた。

「今日から、君たちには、ヒーローになってもらいますにゃ!その名も!

『ウルトラプリティセーラー魔法少女戦隊ライダーズ』

にゃ!」


束の間の静寂

「長いよ!」
「要素詰め込みすぎじゃん!」
「うるとら…?らいだぁ…?」
「俺は男だぁ!!」
「…。(飴を食べているので無言)」
少年少女が慌てて騒ぎ出す。

「あーもう!いっぺんに言わないでほしいにゃ!一人ずつ答えていくから!最初は赤ずきん!」

指(肉球)を指された赤いフードの少女がビクッと頷いた。

「…確かに長いにゃ。後でチーム名会議をする。」

その返答を聞くと、緊張していた赤ずきんは、がくっとテーブルの上に崩れ落ちた。

「次!アリス!」

カチューシャの少女が、猫を睨む。

「このご時世、生き残るためには様々な工夫がいるにゃ!我々のアイデンティティは要素の多様性にある!プロデュース力抜群の、この長靴をはいた猫が言うから間違いないにゃ!」

「…まぁ、私たちに選択肢はないんでしょうけどね」とアリスは諦め顔で呟いた。

おとぎ話ヒーローズ

おとぎ話ヒーローズ

おとぎ話の主人公達がヒーローになる物語です。ドタバタコメディ風。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-05-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. はじまり
  2. 「今日から、君たちにはヒーローになってもらいます!」