尊厳を見かけませんでしたか?

尊厳を見かけませんでしたか?

西園寺リルケゴール作品集1

   



   



   



   



   


 どうせリベラルが信条で、どうせ政治的にも文化的にもマイノリティなので、レイシズムや排外主義の雰囲気にいちいち感情を絡めとられないように努力してる。

 情報スクラムが襲ってきて人の感情を劇的にさせようとしても、知性の防壁で耐え忍ばねばアホだ。

 僕らは扇情的なオピニオンリーダーが大好きだ。

 多くの情報は感情だ。

 アホの愚囚になりたくないのに僕がどうしても感情を煽られて情報の恥部に与してしまうのは人の尊厳が失われる瞬間なのだ。

 情報の中で人が最初に貶められるのは人としての尊厳だ。



   



 尊厳を貶められた人間が、他人の尊厳を貶めるネタをゴシップの中から必死で探している。


   



 そんな光景を僕は毎日見つめている。


   



 僕が毎日その一部に組み込まれていくのを、僕は毎日見つめている。


   



   



   



   




   


   

尊厳を見かけませんでしたか?

タイトルはボブ・ディランの“Dignity(尊厳)”の歌詞にある一節から引用。

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

先端KANQ38 ツイッター https://twitter.com/kanq3
先端KANQ38 公式サイト https://neuedada.wixsite.com/kanq38

尊厳を見かけませんでしたか?

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-04-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted