こんな俺氏が異世界でトレジャーハンター?

ねばねばアイス

序章 こんな俺が異世界転移?

俺の名前は、ラウザー、高校二年生だ。

 そして今は、俺エナジードリンク買いに行ってる途中だ。

 すると真下に穴ができた。

「ん?」

「えぇーーー!!!」

「うーん?ここは、どこ?」

 目を開けるとここは、道の上で倒れてたようだ。

 立ち上がったらここは、かなり殺風景な世界だった。

 すると上から女神が降りてきた以下のことを述べてきた。

「ラウザーさんあなたを今から異世界に転送します」

 そしてラウザーは、首を傾げる。

「え?」

 足元に大きな魔法陣が現れた。

「ん?何これ?」

女神は答えた。

「これは、魔法陣です」

 ラウザーが言った。

「どうして俺を異世界に転送するんだ?」

「それは、あなたがトレジャーハンターにふさわしいからです」

「えぇおれがですか?」

 一瞬俺は、混乱したが

 ラウザーは、ふっと前の記憶を思い出した。

 確か俺は、コンビニで栄養ドリンク買いに行こうとしたらなんかワープゲートに入ってしまっていたな。

「じゃあやってやろうそのトレジャーハンターを!」

 女神が呟いた。

「もうすぐ付きますよ!ラウザーさん」

 ここから始まる俺の異世界生活が。

「わかった」

 俺は、一瞬光で覆われた。

「ついたのか?」

 すると目を開けるとそこには、見たことない光景があった。

「まじで来ちゃったよ俺異世界にw」

 後ろにある一人の女性がいた。

「あのあなたがラウザーさん?」

 ラウザーは、思った早速ヒロイン登場来たー。

「はい!!私がラウザーです」

「そうだよねやっぱり?私の名前は、レミーよろしく!!」

 俺は、緊張しているのか脈拍が増加している。

「よっよろしくおめがいしまぶ」

「緊張してるもしかして?」

「そんなことより私と冒険しない?」

 ラウザーは、思った。

「もちろんいいですよ」

 俺は、今気が付いた背中にバスターソードが装備されていた。

「ん?この武器重くないな?」

「これは、この世界の軽い鉱石で作られた大剣なの」

こんな俺氏が異世界でトレジャーハンター?

こんな俺氏が異世界でトレジャーハンター?

高校二年のラウザーは、たまたまコンビニでエナジードリンクを買いに言っただけだが急に異世界転移? たどり着いた異世界には、今まで見たことない光景だった。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2018-03-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted