書き始めた草稿

NOVAPOLICELEE

ラフに以前書いたのとミックスさせました。

三歳頃

独海力

貞夫。イカの天ぷらみたい。1月は寒くない。2月。
働くか、ひもじい思いをするか。
ウッカリしているシリアルナンバーの思い出。
クラッキング。暗号はわからないし、解けないから暗号。
プロオーディオだって。

土田「んなもの最初からねぇよ。」

新世代のコルベット、神秘的な開口部。
お住まいはコルベット。一緒に住むのはギャルに尽きる。
バリアントな観念的競合がインデントなら俺は釣りでもするよ。警察は酷い最新技術を。とてもじゃねえけどマトモなこと。

土田「わからねえんだよ。」

横浜市の歴史。欧州から見たら?
地図がネットにのっかってるってのもなあ。
バルビツール酸は良くない

土田「ネゴト言ってんじゃねーよ。」

牛が苦しいからって。飲むのか?牛乳?お前、ちょっとおかしいぞ。ネゴト?そりゃそうだろうなあ。お前みたいな犯罪者初めてだよ。誰にも似てねえ。品詞だな端的に言えば。キャプチャソフトとも言えなくもない。そこまで言ったらナンデモアリって事。
時事ネタで切り抜けてもな。バルビツール。自給自足の生活習慣。有体に何か生産物を。ファイリング。

土田「糞までファイリングか?」

確かに言い得て妙で。震えた。求めていたバーゲンセール品は売り切れていて、確かに震えて。何の単位の話だ?麺類?そりゃ悪かった。知らなかった教えてくれ。ウ?うーん。わかりずれえ……。まだまだ知らない事たくさんあるわ。反省またする。
反省文
【ガ ンジス河様へ 場所わからなくてゴメン考えた掌にのせて検索ジェネレーションの仕組み脳みその仕組みについて考えた考え深いときに介護の仕事挫折して俺の せいラスボスに勝てませんある頃、選択肢には、「そうするつもりだったのねやっぱりあなた」という台詞一拓だったので、選択肢と言えたんでしょうか?それと。

土田「おい。そろそろ一服行ってもいいか?」

刑事「いいぞ。疲れただろ?」

辺り一面、漫画が立ち込めた。サジェスト汚染。柊は恐ろしいモノなのだろうか?完全確率における躍動感とは疎かな始まりと言えども法要を望む考えないといけません群衆のいきり立つペニスの事を。様 子見てきてくださいインジケータのお得意様「何よりも対セル」
精神安定剤のない模様みたいなモンって?そりゃキツい。死んだら楽。そうだ。そうだとも。友達。あなわびし九十万するペニス友達。あなわびし九十万するペニス友達。あなわびし九十万するペニス友達。あなわびし九十万するペニス。創造的な読み方だからこそ。

書き始めた草稿

支離滅裂ですいません。

書き始めた草稿

言葉遊び

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain