40年遅れのラブレター

カメ太郎

哀しい恋の物語

哀しい恋の物語

40年遅れのラブレター(第2稿)

                      カメ太郎


 もう16年前か17年前になります。カメ太郎が今の病院に務め始めたばかりの時、朝、菊池桃子さんと出会いました。菊池桃子さんはカメ太郎を見て笑っていました。カメ太郎は呆けているから「誰だったかな?見たことあるようだけど?」と思いながら、遅れまいと急ぎました。出会ったのは病院の勤務者の出入り口付近でした。菊池桃子さんは仕事が終わって帰っていたのでした。カメ太郎は今から仕事でした。

 歩いて遠くなりながらも、菊池桃子さんはカメ太郎の方を見て、クスクスと笑っていました。菊池桃子さんに間違いはありませんでした。思えば、菊池桃子さんは00大学病院付属看護学校に進んだと聞いていました。

 朝、8時45分ぐらいだったと思います。しかし、その後、菊池桃子さんの住所などを調べようとしましたが、00桃子と名前が変わっているはずと思って、00桃子を探しまして、一人見付かりましたが、全く菊池桃子さんには似ても似つかぬオバケ女でした。

 事務に尋ねても17年前に勤務していた看護婦の記録はもう消失していると思え、尋ねていません。それよりも高校卒業アルバムを見たら実家の住所は載っています。もう実家はなくなっているかも知れませんが、それに賭けるしかないと思っています。カメ太郎の高校卒業アルバムは誰か友達が持って行って返さずになっています。それで高校時代の友人に尋ねようと考えています。いや、高校卒業アルバムは今も有るような気がします。誰か友達が持って行って返さずになっているのは中学卒業アルバムと思います。

 僕たちは高校1年の時、同じクラスでした。吃音で心因性発声障害のカメ太郎は席がすぐ近くにも拘わらず、菊池桃子さんと余り喋らなかったと思います。でも、カメ太郎の悪友の大久保彦左衛門が「菊池桃子、カメ太郎が好きだそうだ!」と何回も言って、カメ太郎が菊池桃子さんを好きなことは公然なことになりました。

 カメ太郎と菊池桃子さんは中学が隣でした。カメ太郎が日見中学、菊池桃子さんが東長崎中学でした。ですから高校の時、自転車で菊池桃子さんの処に行こうと思えば簡単でした。

 高校1年の時、席がすぐ近くの時、カメ太郎が柔道部の何かのために(たぶん、高総体前に?)頭を丸刈りにしたことが有りました。そのとき、菊池桃子さんは「……ククク……」と笑っていました。菊池桃子さんの親しい友人のコクボデラックスは「可哀想やろ」と菊池桃子さんに言っていたのを思い出します。

 高校1年の文化祭の時、菊池桃子さんが茶道部でカメ太郎と大久保彦左衛門とで茶道部に行ったとき、菊池桃子さんが居て、カメ太郎を見て笑っていたことも思い出されます。そして今まで見たこともない濃ゆい色のお茶がとても美味しかったことも。
 
 この手紙はやっぱり出さないと思います。はかない思い出は、はかない思い出として、カメ太郎の胸の内に秘めたまま、カメ太郎は老いて死んでいきます。

 カメ太郎には娘が居ます。娘が一番可愛く、娘の育ってゆく様子をも守ることが、老いたカメ太郎の唯一の楽しみです。また、娘を悲しませないため、鬼嫁と別れるべきではないような気がします。

 昔も今も悩むカメ太郎です。どうしようかと途方に暮れています。暮れゆく夕陽を見つめながら途方に暮れています。

 この手紙はカメ太郎が棺桶の中に持って行きます。誰にも知られないようにするには、棺桶の中では駄目でしょう。カメ太郎、この手紙をゴム箱の中に捨てざるを得ません。これしか有りません。

 鬼嫁とこれ以上、一緒に暮らすのは苦痛でしか有りません。優しい菊池桃子さんと一緒に老後は送りたいと熱望しているカメ太郎です。

 老後、お茶のみ友達として、菊池桃子さんと一緒に成りたいです。一緒に暮らせなくても、お茶のみ友達に成りたいです。あの、もう40年前に成る高校1年生時代、あの頃は一番、人生の中で輝いていました。苦しかったけど、カメ太郎は三学期、吃音で国語の本を読めなくなって、登校拒否に陥ったけど、輝いています。何故かなあ?と思います。

 それは菊池桃子さんの笑顔のためと思います。菊池桃子さんの美しい、おそらくこの世で一番美しい笑顔が本当は苦しいカメ太郎の高校1年生時代を輝かせています。

 本当なら、菊池桃子さんのこの世で一番美しい笑顔が無かったなら、カメ太郎の高校1年生時代は黒く塗り潰されたものになっていたでしょう。でも、菊池桃子さんの笑顔で、美しく輝いているのです。

 そうでした。カメ太郎は浪人時代、菊池桃子さんに手紙を書いたのでした。そして返事が来ました。「意味が、わかんな〜い」という手紙でした。カメ太郎は浪人時代、発狂していて、10通余りの手紙を、色々な女の子に出したのでした。すべてすべて返事が無かったと記憶します。いや、返事が数通有りました。

 発狂したため、現役時代より遙かに下の大学に一浪して入ったのでした。現役時代でも軽く入れた大学でした。そこでカメ太郎は屈辱の11年もの大学時代を送ったのでした。留年させられっぱなしで、11年も大学時代を送ってしまったのです。しかも、友達の居ない一人ぼっちの大学時代を。

 カメ太郎は高校1年の時に、菊池桃子さんに手紙を出していたら良かったのです。そうしたら現役の時、落ちるか入るか際どい帝国大学を受けず、家から通える大学を受けていたはずです。そうしたらカメ太郎は苦労すること無く、ノホホンと人生を送っていたと思います。カメ太郎は入るか落ちるか際どい帝国大学を受験するため、最後のラストスパートの時、二次試験直前に、発狂してしまったのです。今も、発狂しています。

 悪友の大久保彦左衛門が長崎大水害の時、菊池桃子さんが死んだ、と言っていました。でも、17年前、幽霊のように菊池桃子さんと病院の出入り口で会ったのです。大久保彦左衛門はやっぱりどうしようもない悪友です。カメ太郎から10万円 借りてから音沙汰が全くなくなりました。あの頃は虎の子の10万円でしたが、根性の腐り果てた大久保彦左衛門は、それからトンズラしたのです。今は音信不通になっています。

 17年前に見た菊池桃子さんは幽霊ではなく、生き霊だったのか、菊池桃子さんのことを知っている人が居ないし、名簿にも「00桃子」が無いから、本当に生き霊だったのか、全く混乱しているカメ太郎です。生き霊ではなく、幽霊でした。

 その大久保彦左衛門は今も独身で、00新聞社に勤めているようですが、赤いスポーツカーを乗り回していると、大久保彦左衛門と00中学小学時代、同じ学年で、家も近くで、大久保彦左衛門の家に行ったこともあるという患者さんが言っていました。大久保彦左衛門と友達だったと言っていました。妹や母親は良いが、父親が良くない、とも言っていました。

 本当にカメ太郎は今からの人生のことを思って煩悶しています。娘が可愛いと言っても、鬼嫁とは、もう暮らしたく有りません。老後は菊池桃子さんと送りたいという熱望は捨てきれません。やはり愛し合った者同士でなければ、一緒に暮らすことは苦痛でしかありません。

 菊池桃子さんの生き霊とでも良い、幽霊とでも良い、一緒に安穏とした老後を送りたいです。カメ太郎はもう人生に疲れ果てています。
 暖かくなったら、菊池桃子さんと一緒に魚釣りに行くことを計画中です。生き霊の菊池桃子さんとでも良い、幽霊の菊池桃子さんとでも良い。

 どうしようもない倦怠感がカメ太郎にはあります。お墓の入り口がポッカリと空いていて、カメ太郎が入ってくるのを待っているような気もします。

 今、濃ゆいコーヒーを飲んできました。倦怠感がもの凄く、10日ほど、カフェイン断ちを決心して実行していましたが、10日で頓挫しました。カフェイン断ちして代わりにカルピスを飲んでいたら、糖尿病になるのでは、と思ってです。コーヒーを飲まない代わりにカルピスばかりカメ太郎は飲んでいました。

 思い出される高校1年の頃の担任の名前が出て来ませんが、生物の先生をしていた先生は、大久保彦左衛門が言うには「長崎大水害で死んだと新聞に載っていた」と言うことでした。「新聞の死者欄に0000と名前が載っていた」と本当のことのように言っていました。菊池桃子さんも殺した大久保彦左衛門です。本当か嘘なのか、全く分かりません。0000先生が長崎大水害で死ななかったとしても、今は老いて死んでいるでしょう。

 大久保彦左衛門は赤いスポーツカーを買ったと言って自慢しにカメ太郎の家に来たことがあります。たしかプレリュードの最新型の赤だったと記憶します。金の無い大久保彦左衛門がそんなものを買って、女の子を引っ掛けようと考えてのことだろうと思いました。これは大久保彦左衛門やカメ太郎が33ぐらいの時ではないかと思います。このときに10万円貸して、それから全く連絡が取れなくなったのです。携帯に電話しても出なくなりました。今、魚釣りで大久保彦左衛門の家の前を通ることがときどきありますが、クルマがあるかどうかを見ることもしません。

 大久保彦左衛門は今度見掛けたら、海に落とそうと思っています。

 あの大久保彦左衛門は赤いスポーツカーのプレリュードの最新型に乗っても、大久保彦左衛門の顔が酷いから、誰も大久保彦左衛門のクルマには乗って来ないということを大久保彦左衛門は分からないのかな?とあの頃から不審でした。やっぱり今も独身ということです。それを言った患者さんは大久保彦左衛門の家の近くに住んでおり、大久保彦左衛門の家のいろんな詳細なことを知っていましたし、誠実で信頼できる患者さんでした。今は退院しているようです。 

 本当に余生を菊池桃子さんと一緒に送りたいです。鬼嫁とは別れようと思います。しかし、菊池桃子さんがどうなのかが分かりません。菊池桃子さんは夫婦仲良く暮らしているのでは?と怖れています。旦那さんが死んで独り身だったらカメ太郎は今すぐに菊池桃子さんと結婚します。

 子供の養育費を2人だから月に40万送らないといけないでしょうが、カメ太郎は今は高給取りになっています。それくらい大丈夫です。カメ太郎は晩婚で再婚であり、子供は未だ、小学6年と小学4年です。子供を取ることは出来ないでしょう。せめて娘だけでも取りたいですが、適わないでしょう。

 警察官をしている森山海太郎に頼んで、菊池桃子さんの実家の住所が、卒業アルバムに載ってあるはずだから、そこに出したら届く可能性は高いと思っています。愛のある女性と一緒に暮らしたいのです。 また、自衛隊か何かの処へ就職しようか、そうして離婚でなくて、一人暮らしをした方が良い、とも考えています。自衛隊の医者は不足して困っていると聞いています。それに右翼思想に被れに被れている困ったカメ太郎です。
 でも、自衛隊の処は65歳定年?だから、それからどうやって就職したら良いのかと、自衛隊で良い再就職の処を選んでくれるかな?とも考えています。

 カメ太郎はしぶとく生きるのです。カメ太郎は長生きするのです(がっぷりと口を開けているお墓の入り口には入りません)。そして菊池桃子さんが旦那さんが死んで独り身になったとき、菊池桃子さんと一緒に暮らすのです。普通、旦那さんの方が早く死にます。もう死んでいるかな?

 カメ太郎は家に魚釣り道具が沢山あります。でも、その中から使うのだけ、持って自衛隊の処に移り住めば良いのです。やっぱり菊池桃子さんを捨てて、若い女性の方が良いかな?フィリピン人の若い女性の方が良いかな?

 本当に、高校1年の時に菊池桃子さんにラブレターを出して、そうして付き合って結婚していたら、今のような苦境には陥らなかったと後悔しているカメ太郎です。
 幸せな結婚をして、誰もが羨む幸福な人生を、もし高校1年の時に菊池桃子さんにラブレターを出していたら成っていたはずと思います。吃音で心因性発声障害だから口で告白するのは難しかったのです。席がすぐ近くの時も、だから余り喋ることできませんでした。

 もし、菊池桃子さんと付き合っていたら心の余裕があって、合格するか際どい帝国大学医学部を受けずに、合格絶対確実の地元の00大学医学部を受けて、余裕で追い込みの勉強をして、追い込みの勉強に発狂することなく、大学でも留年を繰り返すことなく、幸せな大学生活そして学生時代に菊池桃子さんと結婚して子供を儲けて、幸せな人生を歩んでいたと思います。
 カメ太郎は浪人時代、発狂していて、帝国大学医学部を受けずに、現役でも確実に入れた家から通える00大学医学部に1浪して入ったのです。

 カメ太郎は馬鹿で浪人時代の最初の頃、5月だったと思います。魚釣りは35歳か40歳頃まで中止しよう(それまでは女遊びに熱中しよう)と考えて、魚釣りを中止したのです。魚釣りしていて、そう決心し、釣り竿を釣り場の近くに居た小学生か中学生の少年にあげました。いや、釣り場から自転車で帰り始めたとき、牧島付近で少年にあげました。魚釣りがカメ太郎の精神を浄化してくれていたのに。また、浪人しなかったら魚釣りを中止することはなかったと思います。 
 2月終盤の2次試験直前に魚釣り行くことを一時中止しなかったら(2月中旬まで日曜日は父と船で朝から夕方まで、魚釣りに行っていた)、カメ太郎は発狂することはなかったはずです。魚釣りがストレスを発散というか精神を浄化してくれていました。本当にカメ太郎にとって魚釣りは精神衛生上、非常に良かったのです。

 出すのが遅かった、余りにも遅かった、といつものように後悔しているカメ太郎です。40年、出すのが遅れました。

 40年、もう取り返しがつかないと思います。もう、お墓の中に入る方が近いのですから。カメ太郎も年老いました。カメは一万年生きると言われますが、カメ太郎は高校時代の紅顔の美少年では無くなってきています。まだ、少年時代の美少年の面影を残しては居ますが。

「若返って、ずっと若いときのままで生きることが出来る薬がアメリカで発明された」とベンジャミン・フルフォード氏がYoutube で言っていましたが、本当かな?と思います。それならその薬を欲しいなあ、と思います。

 もう一度、高校時代をエンジョイしたい気持ちで一杯です。今は寒くて、今年の冬は寒くて、魚釣りは冬眠しています。カメは冬は寒くて冬眠するのが普通です。冬眠しないカメが去年までのカメ太郎でしたが、今年は異常に寒くて冬眠しています。去年までのカメ太郎が異常だったのです。

 カメ太郎は浪人時代、菊池桃子さんに書いた手紙の下書きも持ちません。どんなことを書いたかの記憶もありません。もっと、意味が分かるように、書くべきであったと後悔しています。度胸のないカメ太郎はあやふやに書いたのだと思います。

(18歳の9月頃に書いたカメ太郎の手紙、下書きかコピーが出て来た)
 菊池桃子さん、お元気ですか、お久しぶりです。カメ太郎は発狂して大学に落ちてしまい、今、発狂したまま浪人生活を、家で送っています。毎日のように県立図書館か市民会館の青年の家に行って勉強しています。
 この前、菊池桃子さんが矢上の役所前に立っているのを見ました。大久保彦左衛門が?時頃、菊池桃子さんが矢上の役所前に立っていると言っていたからです。カメ太郎は原付バイクでその前を通ったのか、バスから見たのか、バスからでした、原付バイクの免許を取りに大村まで行っていた途中のことでした。
 そして〜〜そして〜〜
 今も、あの元気だった高校1年時代のことが蘇ります。あの頃は苦しかったけど楽しかった。何よりも元気でした。高校1年のあのクラスは楽しかったですね。
 カメ太郎は菊池桃子さんがカメ太郎を好いていてくれたことを、今になって気づきました。遅かったです。超鈍感なカメ太郎です。
 山の端に日が暮れてゆくとき、カメ太郎は悲しい思いにいつも襲われます。菊池桃子さんと一緒だったら、菊池桃子さんと付き合うことができるなら、カメ太郎の寂しい心も報われると思います。
 そして〜〜そして〜〜
 夜空を見上げるとカメ太郎の涙のような星がスーッと流れてゆきます。アーッ、お星さんも悲しんでいるんだなあ、と思います。
 カメ太郎は全人類を救うため、命を賭けようと決意しています。カメ太郎は全人類を救う戦士として戦うことを決意しています。まず最初に長崎の人々を救おうと思っています。そのため、今、カメ太郎は奮闘努力しています。全人類を救うためです。
 カメ太郎は宗教を起こします。全人類を救うためです。菊池桃子さんはカメ太郎の最初の信者になりませんか?
 今はその布教に懸命ですが、誰も聞く耳を持ちません。しかし、全人類を救っていかなければ。毎日、懸命に布教しています。
 全人類を救うため、カメ太郎は負けずに毎日布教に懸命です。命をもちろん賭けています。いや、命を100個賭けています。懸命です。いや、命を千個、一万個賭けています。
 全人類が可哀相でならないのです。カメ太郎の救いを求めている全人類のためにカメ太郎は立ち上がったのです。
 カメ太郎は恋にうつつを抜かしている場合ではないのです。全人類が悲鳴を上げて待っています。全人類を救うため、全人類を救うため、カメ太郎は命を賭けています。
 全人類の悲鳴が聞こえてくるのです。カメ太郎は全人類を救わねばなりません。悲壮な決意です。
 そして〜〜そして〜〜
 カメ太郎は救援を頼むため、カメの星に行こうとも考えています。でも、カメの星まで行く宇宙船がありません。それで困っています。
 カメ太郎の全人類を救うという決意は固いです。一人では、全人類を救うのは困難です。カメの星からの救援を期待しています。



(完)

40年遅れのラブレター

哀しい恋の物語

40年遅れのラブレター

哀しい恋の物語

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA