詩 2個 2017/12/01

理 安

帰宅

のしかかる宵闇を背に負い
僕は夜道を歩く
曇天、星月隠れ、道を照らすは薄暗な街灯のみ
外套の襟たて吐く息は白く
その足取りはそそくさと家路を急ぐ
マフラァに首うずめ、その視線はやや下を向く
むき出しになった鼻先に乾いた寒さとは違うそれ
ジワリと鼻に伝わるそれの正体は
確かめるため目を上げる
すぐに分かった空の黒に溶け込み落ちてくるそれ
雪、水っけのある牡丹雪
このままでは濡れてしまう
そう思った僕は顔をしかめて足取りを速めた



こたつ

身体の堅い私は足を延ばして座れない
ゆえにこたつに入ると必然ゴロンと横になる
もこもこしたこたつ布団に顔をうずめ
鼻歌交じりにつぶやいて
うるさい母も今日はいない
ごろごろごろごろ、至福の時間

詩 2個 2017/12/01

詩 2個 2017/12/01

寒くなってきた。キーボード打つ手も震えるよぉ。そんな中で打った二つの詩。短い。 改変、転載、ご自由どうぞ。もちろんそのことに関する責任はとれないよ。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain