アキレスと亀 異聞②

ケケロ脱走兵


       「アキレスと亀 異聞②」


 若いアキレスは先にスタートした老いた亀を追い駆けた。アキレスはす

ぐに亀に追い付いたが、亀を追い越そうとしたときに足元の亀を見失って

踏んづけてしまった。アキレスは亀の甲羅で足を滑らせ体勢を失って翻筋

斗(もんどり)打って倒れ込んだ。そして、

「あっ!痛ったー!」

不死の体を持つアキレスは踵(かかと)を押さえて転げ回った。

 アキレスは生れた時、母が彼を不死の体にするために冥府を流れる川に

息子を浸したが、母はアキレスのかかとを掴んでいたためにそこだけは水

に浸からず、かかとだけ不死とならなかった。

つまり、アキレスは亀を追い越すことが出来なかった。

それを遠くから見ていた敵軍の王子はしばらく考え込んだ後、

「そうか!アキレスは踵が弱いのか」

と言って手を打った。

 後に、不死の体をもつアキレスはその弓の名手である王子に、あのトロ

イア戦争で唯一の弱点である踵を射られて命を落とした。

                          (おわり)

アキレスと亀 異聞②

アキレスと亀 異聞②

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-11-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted