嗄鳥鳴夏

同じ傘の下
二人一緒に居ると
元気な晴れの日も
憂鬱な雨の日も
幸せな気持ちになれた

差した傘の上
空から降る雨粒が
奏でる音楽は
いつかラジオから
聴こえた曲に似ていた

呟いた君の声は
轟音に掻き消された
もう一度なんて言えなくて
君に傘を寄せて
気付かれないよう涙を流した

同じ傘の下
土砂降りで濡れた
冷めた青い体を
予備のパーカーで
満遍なく覆った

差した傘の上
遥か遠い宇宙から
見れば僕らは
塵よりも小さい
存在だった

片思いでいいと
伝えようとしたのに
風が強くなってきた
寒くて震える
君に何も言えずに涙を流した

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-11-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted