hana あの花を見た君と人生最後の夢を見る

うゆ のばし

初小説執筆です。ぜひ、見てください。

hana第一章

あの日、僕は人生最後の夢を見た…
第一章 いつも通りの日常

?「おーい蓮。飯食うべ。
なんやまた伊吹の事見てたのか!」
蓮 「バーローんなんじゃねーよ翔。早よ飯いくべ」
翔 「ほれ焦っとるやん」
蓮 「だから!んなんじゃねーて」
翔 「、伊吹さん可愛いもんな〜」、
蓮 「だよな〜あれでスポーツ万能・成績優秀」
翔 「誰もそこまで聞いてへんよ〜」
蓮 「死ね!飯いくぞ」
翔 「へいへい!」

おれの名前は橘 蓮。
みんなからは蓮とかバナって呼ばれてる!
そんでこのうっさいのが鬼灯 翔。
小学校からの腐れ縁で親友っつか幼馴染ってやつ。
みんなは翔とかオニとか呼んでる。
ちなみに、さっき話しで出てきたのは伊吹 梓。
俺の好きな人!翔にはなぜかバレているけど…

翔「おまえさ、いつなったら告るの?」
蓮「ゲホゲホ! は!?なんでそんな話になる!」
翔「だっておまえが片思い初めてもう二年やぞ!
いつまでも眺めてるのも…な。
外から見ると、きしょくてたまらん!」
蓮「うっさいな!おれは今のこの感じ壊しとうないん じゃ!」
蓮「そんな事より。翔は好きな人とかいないんか?」
翔「おれはまぁいないわ!」
蓮「うっそこけ!おれら青春時代の真っ只中やぞ!
好きな人の一人や二人いるもんやろ」
翔「おれはなんなんじゃ?タラシか?いないもんはい
ないんじゃ!」
?「なーーーんの話してるん?」
蓮「あっあーー!おれの最後の卵焼き…
こんのばかたれ」
蓮「コスモス!」
?「誰がコスモスじゃ」
今、勝手に卵焼きを食べたこの女は「秋 桜」
こいつもまぁ幼馴染ってやつだ。親父がロシア人で母親が日本人のハーフってやつだ!学校では可愛いとか言われてるみたいだけど…全く恋愛感情に発展したことはない!!
あだ名はコスモス。なぜなら秋桜と書いてコスモスと読むからだ。
普段はこの三人でバカやって遊んでる高一!
そしてここは北海道当別町。周りには何にもない田舎だ!

橘 蓮 秋 桜 鬼灯 翔
たちばな れん あき さくら ほおづき かける

hana あの花を見た君と人生最後の夢を見る

hana あの花を見た君と人生最後の夢を見る

ある日、交通事故により父を亡くした主人公 橘 蓮 天才だった彼はそれを理由にピアノを辞めてしまった。 ある日、いきなりやってきた転校生「七瀬 葵」。 そして始まるいきなりの共同生活。 彼女は好きな人を追って、はるばる北の大地に来た、ピアニストだった。 しかし、彼女には人には言えない秘密があった。 現代風の高校生活。音楽を通じて語る青春。 純粋という名の恋。嫉妬という恋。隠された恋。 果たしてどのように結ばれるのか… そして彼女の秘密とは… hana あの花を見た君と人生最後の夢を見る そして、音楽は言葉を超えるのかもしれない。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-10-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted