いかないで

KASUMU

彼が死んだ時、確かにわたしも死んだのだ。
いかないで、と声を枯らし
涙で視界を殺した。

わたしも確かに死んだのに、
彼だけを残して、世界は回り続けた。
昇る朝日をどれほど恨んだことか。
彼の代わりを見つける社会を
どれほど恨んだことか。

でも残された者に変わらずに明日が来ることは
立ち直る為の明日が来ることは
死んでいく者にとっては
残していく者にとっては
安心であるのかもしれない

こんなふうに思えるなんて
わたし成長したでしょ、おじいちゃん、見てる?

いかないで

いかないで

祖父が星になった日のこと

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-10-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted