春風になって

宵待草

春風になって

 
 幻聴?
 じゃこちゃんは、暮れなずむ教室で、ゆらゆらと揺れながら言った。
「そう。幻聴だと思うの」
 わたしが声を低くして言うと、「きゃは」とじゃこちゃんはかわいく笑う。
明花里(あかり)ちゃん、どうしちゃったの。幻聴かあ、そうかあ」

 下校の鐘が鳴ったあとの教室で、わたしたちはふたりきりだった。じゃこちゃんは缶のミルクティーをゆっくりと飲む。いる? と訊かれたけれど、わたしはいらないと首を振った。わたしとじゃこちゃんのあいだに、ミルクティーの湯気が立ちのぼっている。
「だって、昨日きいたんだよ。夜、じゃこちゃんの横で眠ってたら、光がさして」
 そのあと、きみはもう世界にいない、て言われた。
 そう話すと、じゃこちゃんは気にも留めないふうににっこり笑った。 
「ふふ。明花里ちゃん、かわいいなあ。だいじょーぶだよ、そんなわけないもの」
 あかりちゃんは、ここにいるでしょう? じゃこちゃんはわたしの手を取って、言った。
「ここに、いるから。ね。だから、しんぱいしないで」
 もしかして、世界にいないのはわたしじゃなくって、じゃこちゃんなの?
 教室は(くら)くて、ふわふわと透明に近い埃が舞っている。チョークの匂いがして鼻がくすぐったい。オレンジのカーテンは、秋風にやさしく吹かれて揺れる。
「私は、いないけど。明花里ちゃんはいるから、だから、ね」
 じゃこちゃんの声は、日だまりみたいにあたたかい。
「なんだかここにいるとなつかしくって、泣きそうになるんだよ。百万年まえみたい」
 わたしは、不覚にも泣いてしまった。
 ぽろぽろと涙をこぼすわたしを、じゃこちゃんは柔らかく抱いた。じゃこちゃんの匂いは、金木犀とおんなじだと思う。ふわりと甘くて、ノスタルジック。気をゆるしてしまう匂い。

「なんで? なんで、じゃこちゃんはいないの」

 わたしには、わからなかった。じゃこちゃんはここにいる。だぼっとした白いパーカーを着て、わたしのほうを見つめて微笑んでいる。
「なんでかな。しいていうなら、世界がちょっと変わっちゃったんだと思う」
 むずかしいよ。わたしにも分かるように説明してよ。
 じゃこちゃんの耳には、大人がするみたいな銀色の飾りがついていた。夕陽のきらきらとした光と同化して、とてもまぶしく映る。
「ふふ。明花里ちゃんは、いつもどおり、生きて。うたったり眠ったり、おふろで数をかぞえたりして、生きて。きっとね」
 机に置かれた白い花が散る。じゃこちゃんは、風になってしまったみたいだった。さむいな、と思う。じゃこちゃん。さむいよ、さむい。また、あたたかくなって、戻ってきて。冬なんかはだめよ。春風になって、戻ってきて。
 わたしは、いち、に、と心のなかでとなえた。いつでもじゃこちゃんが帰ってこられますように。つぎに彼女が来るころには、世界がやさしくなっていますように。どくどくと、どこまでも溢れる夕陽のなかで、わたしは願った。

春風になって

春風になって

  • 小説
  • 掌編
  • 児童向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted