悲しい坂

緑谷式

悲しい坂を歩いていた。たった一人でもくもくと
きれいな花が咲いていた。たった一人でひっそりと
きれいな花は青かった。コバルトブルーの色だった
誰に摘まれることもなくたった一人で咲いていた
僕は毎日、通学の時
きれいなこの花を見ていた
それにどんなに慰められたことだろう
けれど月日が巡ったら
きれいな花は摘まれていた
僕は一人で悲しかった
悲しい思いでいっぱいで
僕は一人で放浪した
悲しい季節が訪れると
きれいな花はまた咲いた
僕は彼女を愛していた
ずっとずっと愛していた

ある日僕は一人だった
そうして公園のベンチに腰掛け
一人で酒を飲んでいた
すると可愛い女の子が僕のところに来た

「あなたが見ていたあの花は
あなたが愛でていたあの花は・・・・
実は私なんです。私はあなたを愛している
そうして僕は彼女とめぐりあった
六月初旬のころだった。
僕は彼女に再会した

悲しい坂

悲しい坂

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-10-22

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain