飛ばない烏

藤里 圭

烏が飛ばない
虚脱した神経のまま
水溜りに浮かぶ

黒猫が心配そうに眺める
メジロは俯向く
スズメはおしゃべりなまま

烏が飛ばない
空は動揺する
大地は眠っている

虚脱した神経
空を見上げることもしない

私は出勤途中何度も卒倒しかける
黒い背中を見て呼吸を忘れる

烏が飛ばない
そのまま世界は回る

私は酸欠
黒猫は歩き出した
メジロは傾いた
スズメは喉を痛めた

烏が飛ばないなら、
私も飛ばない
声も上げず
烏がいない空を見る

ざわめいている空
精神疾患気味である

私は錠剤を血液に溶かした
烏がいない不安定な空を
空虚な目で見ていた

飛ばない烏

飛ばない烏

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-09-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted