アイドル御堂刹那の副業 約束の詩

アイドル御堂刹那の副業 約束の詩

大河原洋

レコーディングスタジオ

「それじゃ、最後の曲、本番行くよ」
「はい」
 小原(おばら)リカコは、眼の前にあるマイクに向かって唄いだした。
 やっとここまで来た。
 歌手を目指して上京し、ストリートミュージシャンから始めて五年、インディーズレーベルだがようやくCDアルバムの制作にこぎ着けた。
 そして、今まさにアルバムの最後の曲、『夢と約束』を録音しようとしている。
 ヘッドフォンから前奏が流れる。この曲の歌詞は子供の頃の思い出を元にして書いた、非常に思い入れの強い曲だ。
 リカコが唄いだした。
 何か変だ、スタジオがざわついている。
 そして、直ぐにレコーディング中止の指示が出た。

夢と約束

 数日後、リカコの家に一人の少女が訪れた。
「事務所から除霊を頼まれた()(どう)刹那(せつな)です」
「あの、あんたが……」
 レコーディングが中止された理由は、リカコが唄い出すと、その場にいない子供の声が入ってしまうからだ。
 何度やり直しても同じで、機器に異常は見つからず原因は不明。
 レコード時代によく霊の声が入っているとの噂が流れたが、これは編集段階で背後のノイズに気付かなかったり、削除したはずのコーラスの一部が残っていたのが原因だ。
 しかし、今回は明らかに違う。レコーディングの最中に聞こえてくるのだ。
「えっと、(おが)()の、助手ってわけじゃないよね?」
 刹那はリカコを見つめたまま答える。
「はい、違います。それと、あたしは本職の拝み屋でもありません」
「え? じゃあ、ナンなの?」
「これでも一応アイドルです。拝み屋は所属事務所からムリヤリやらされている副業です」
 リカコは溜息を吐いた。随分となめられた物だ、マネージャーが事務所で霊能者を手配すると言ったが、来たのが霊感アイドルとは。
 仕方ない、一刻も早くレコーディングを再開しないと、リリースが遅れてしまう。それどころか、余りもたつくとアルバムの話自体無くなるかもしれない。
「わかった。それでどうすればいい? 儀式とかするんでしょ?」
「いいえ、特にそういった事はしません。いくつか聞きたいことがあるので、中に入れてもらえますか?」
 リカコは仕方なく刹那を部屋に通した。
「小原さん、確認しますが、『夢と約束』以外の曲は問題なくレコーディングできたんですね?」
「ああ、そうだよ」
「この曲と他の曲に違いはありますか?」
「特に無いよ。アタシが作詞作曲している。レコーディングの曲のほとんどがそうだ。
 ただ、思い入れは一番強いかな」
「どういう事ですか?」
「友達との思い出を歌詞にしたんだよ」
「歌詞には、『もう会えないけど、さよならは言わない。いつも一緒にいるから』とありますが、彼女は……」
「ああ、亡くなったよ。もともと身体(からだ)の弱い子で、自宅にいるより、入院している方が長かった」
 そう言うと、リカコは本棚からアルバムを取り出した。
「この子だよ」
 病室で撮った写真を見せる。十歳ぐらいの少女が二人写っている。一人はお見舞いに行ったリカコ。そしてベットで上半身を起こしているのが、
「恵子、あの声の主さ」
「気付いていたんですね」
 バカにするなと言いたげにリカコは鼻を鳴らした。
「アイツの声を忘れるもんか。それに歌手になりたいってのは、恵子の夢だったんだ」
「代わりに小原さんが、その夢を叶えたんですね」
「違うッ!」
 リカコは刹那を睨み付けた。
「アタシは恵子の夢を盗んだんだ。しかも、その事を歌詞にまでした。それで怒っているんだろ?
 アンタ、アルバムを見せる前に恵子のこと『彼女』って言ったよな? あたしは『友達』としか言ってない。どうして女だって判ったんだ?
 視えてんだろ? 恵子はここにいるんだろ?」
 涙で声が震えた。
 刹那は黙ってうなずいた。
「そりゃ、怒るよな、夢を盗まれたんだ。アタシはレコーディングの後、何度も何度も謝ってる。でも、まだいるって事は……」
「怒って何ていませんよ」
 サラリと刹那は言った。
「ウソだッ、いい加減なことを言うな!」
「本当です。ただ、悲しんではいます」
 悲しんでる……夢を盗まれ、思い出を汚されたからか。
「違います」
 刹那は、リカコの心を読んだかのように言葉を続けた。
「悲しんでいるのは、あなたと一緒に唄えないからです」
「え?」
「恵子ちゃんは、レコーディングで最後まであなたと一緒に唄いたいんです。
 あなたが書いた二人の思い出の(うた)を。
 一度レコーディングすれば、二回目からは彼女は割り込まないと言っています」
「え? 話したのか?」
「普段はやらないのですが、霊とは声に出さずとも会話できます」
「ホントかよ……」
 刹那はリカコを見つめて沈黙した。
 いや、違う。
 ズッと自分を見つめていると思っていたが、彼女が()ているのは自分の左側だ。
 リカコは刹那の視線の先を追った。
 だが、そこには何の変哲も無い自宅の空間があるだけだ。
「証明になるか判りませんが、二人だけしか知らない秘密を聞いたところ、あなたがクラスメイトのレオくんが好きになり、告白するにはどうしたらいいか相談を受けたと言っています」
 思い出した、たしかに恵子に恋愛相談をした。恵子はバレンタインデーにチョコを渡して、そこで告白しろと言ったのだ。
 当時は相談するんじゃなかったと思ったが、それは恵子が憧れていた告白の仕方だったのだ。彼女は翌年のバレンタインを迎えることが出来なかった。
「ホントに、やっぱホントにいるんだ」
 リカコはボロボロと涙をこぼして座り込んだ。

明日へ

 数週間後、リカコはプロダクションブレーブを訪れた。ここは御堂刹那が所属する事務所だ。
 前もって連絡をしていたので、刹那が出迎えてくれた。
「この間はお世話になりました」
 リカコは丁寧に頭を下げた。
「レコーディングはどうでした?」
「はい、御堂さんのお陰で、無事終わりました」
 刹那は嬉しそうにほほ笑んだ。
「『夢と約束』をレコーディングしたのは一度だけです」
「え、でも……」
「恵子の実家に連絡して事情を説明したら、ご両親が現場に来てくれました。許可もいただいたので、クレジットにもちゃんと名前を入れるつもりです」
「大丈夫なんですか?」
「はい。二人の夢です、だから二人で唄って、二人の想いと声を届けたいんです」
「そうですか」
 リカコは深呼吸した。
「恵子はまだアタシの隣にいますか」
 刹那は首を左右に振った。
「喜ばなきゃ、いけないんですよね……」
「恵子ちゃんは夢を叶えたんです」
「でも、アタシはもっと一緒に唄いたかった」
「夢の続きは、小原さんに託したって事じゃないでしょうか?」
 アタシは託された、恵子に……
「アルバムが出来たら送ります」
「楽しみにしています」
 リカコは改めて礼を言ってブレーブを後にした。
 恵子との夢は始まったばかりだ。
 声は聞こえないがリカコの心の中で、恵子はこれかも一緒に唄い続ける。
                                      - 終 - 

アイドル御堂刹那の副業 約束の詩

アイドル御堂刹那の副業 約束の詩

超マイナーアイドル御堂刹那が、レコーディングの時に現れる子供の霊の謎を解く。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • ミステリー
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-09-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. レコーディングスタジオ
  2. 夢と約束
  3. 明日へ