うみうし駐在

うみうし駐在

咲沢魅守

 ※ウミウシの擬人化創作になります。

1話「新生活と性癖と」

 ウミウシという生き物をご存知だろうか。
 如何にも解説が始まりそうな書き出しをしたが、こんな小説のページを開くようなお人だからきっと大丈夫だろう。割愛させていただく。読み手を信頼するというのは書き手にとって最も大切なことだからである。たとえ分からなかったとしてもお手持ちの端末でググってほしい。なんかいっぱい出てくる。これこそ文明の勝利というやつである。
 「私はウミウシの擬人化のドタバタコメディーが見たくてこのページを開いたのに全然本編が始まらない! あと読み手をどうにかして笑わせようとする必死な感じが寒い! 」
 とページを閉じるのは待ってほしい。待ってほしい。今からもう本編のスタートだ。あと作者は大阪人であるためその辺りはご理解いただきたい。話はそれるが、もともと作者は同じ大阪人にさえ「お前の言うことは寒い」と凍りついた表情で言われるほどのギャグセンスの高さである。今はまだ発揮できていないが、これからその才能を爆発させていこうと思う。
 だいぶ遅くなってしまったがいよいよ本編。の前にあと少しだけ。本編に大きく関わることだから安心してほしい。
 『すらぐ荘』の話である。
 擬人化されたウミウシが集まって暮らす家であり、二階建てアパートのような見た目をしているがドアは一つだけ。つまり大きな一室、ということだ。まあもちろん中に入れば小さい個別の部屋に分けられているのだが。ちゃんと個人部屋、風呂、トイレ、キッチンなど、生活に必要な部屋や設備は整っている。そこで複数の種類のウミウシたちが暮らすのである。いわゆるシェアハウス、というものだ。
 初めにさらっと「擬人化されたウミウシ」と書いたが、なぜウミウシが擬人化するのか。
 知らん。そこまで考えて創作をしていない。もともと原形が好きで何か創作をしようと考えたが、ウミウシ同士の関係性を描くときに原形だと動かしにくかった。それだけのことである。
 ここまで読んでくださった辛抱強い方、もしくは寒さに耐性のある方はお気づきだと思うが、あまり細かくこの作品を見ない方が楽しめるだろう。何しろ「ウミウシ擬人化日常コメディー」である。一般の小説と比べればまあまあぶっ飛んでいる方ではなかろうか。しかしそこが趣味でする創作の良いところだと作者は思っている。ぜひ頭のネジを一本取ってから次のページをめくってほしい。



雑な手書きの地図を手に、イシガキリュウグウウミウシこと、イシガキは足を進めていた。日差しはちょうどよく、歩いていても苦にならない気温である。まるで今日から始まる新生活をあたたかく照らすような陽の光であった。同時にイシガキの額から生えた深い緑の触角と、それよりかは明るい緑とオレンジのストライプがついた服もまた優しく照らされていた。イシガキはそれを穏やかに想った。
が、目的地に着いたイシガキの顔はたちまち曇った。まず、ボロい。そして、ボロい。あと、ボロい。
『すらぐ荘』とマジックペンで書いてある厚紙に紐が通されており、ドアに吊るされている。『すらぐ荘』と書かれてはいるが、ドアは一つしかなく、薄汚れて変なグレーに染まっている。
(ここ、全部で一室なのか……? てかそれ普通に一戸建てじゃ……)
イシガキは不思議な気持ちでもう一度ドアをじっと見る。やっぱり汚い。でも、自分はここで暮らすしかない。一話目なので言っておくが、特に深刻な問題や理由があるわけではなく、そうしないとこの『うみうし駐在』の話が進まないからだ。
(とりあえず開けるか……)
銀のドアノブを回す。ガチャ、と音を立てた。ドアを開けた途端、いかにも元気そうな女性の声が響く。
「こんにちはー!! 新入りの人~!? 」
赤色で、うっすら黒い斑点のある髪の毛。長いまつ毛。右目の下にほくろのような黒い点々が横並びに五つ、ついている。フェイスペイント、というやつだろうか。そして髪と同じような、赤地に黒い水玉模様のカーディガンを着ている。
そんな女の子がぽつっと一人で部屋の真ん中に座っている。なぜ真ん中か。それは、
「…………おい、なんだこれは。」
「ゴミ。あふれんばかりのゴミ。」

「豚小屋」という言葉がある。汚い部屋に向かって言うことで、文字通り豚小屋に見立てている言葉である。
おそらくこのすらぐ荘内部は世界のどんな豚小屋よりもゴミが散乱している。というか、豚は実は綺麗好きであるし、まず動物なんだから小屋が汚くたってしょうがないだろうと作者は思う。ちなみに作者の部屋は豚小屋並に綺麗である。
「何がどうなったらこんなにゴミが溜まるんだ! 」
あまりのゴミの量に、イシガキはその女の子に掴みかかって怒鳴った。その激しさを軽く受け流すように、水玉の彼女は答える。
「ゴミの日知らないんだよね~」
「調べろ! ……ったく、引越し早々なんで俺がこんなことを…… 」
「! ねえ見て見てー!! 」
「あ? 」と機嫌の悪さを最大限に出したイシガキをまったく気にしない様子で、女の子は雑誌をバサッと広げた。
 「Hな本見つけた~」
 見ると、どのページにも裸、もしくはそれに近い姿の女体が艶めかしいポーズで並んでいる。二人はペラペラとページをめくり、この女性が可愛いだの、どこがそそるポイントだのとしばらく楽し気に言い合った。
 「ねえねえ、このお姉さんお胸すごいよー! 」
 「馬鹿、女は胸よりも顔だよ。」
 「君、面食い? 」
 「そうじゃねえよ。顔というか……まあ、表情だな。泣き顔とか怯えた顔とか最高にそそ……って違ーう!! 」
 バシッ。イシガキの平手打ちが水玉の彼女の左頬に決まった。彼女は目を丸くして大声を出した。
 「なんか間違えたの!? 」
 「お前が間違えてるんだよ! こんなの見てる場合じゃないだろ、掃除だ掃除! 早く片付けろ! 」
 けたたましく怒鳴った後、イシガキは大きなゴミ袋を持って少し離れたゴミの山脈へと向かった。ぽつんと残った彼女は、
 (普通に痛い)
 とちょっと赤くなった頬をさすって渋々片付けの続きに取りかかった。でも、なんだか愉快だと彼女は感じた。イシガキは割と初めからうるさく自分を怒ったけれど、片付けはなんだかんだ真剣に手伝ってくれて、途中でエロ本まで一緒に見て語り合って、それでまた怒られて。そんなことが全て、彼女にとって面白かったのである。
 彼女は近くにあった丸い紙ゴミを、ゴミ袋にポイポイ、と投げ捨てた。そしてゴミがなくなり、何か月ぶりかに見えた床を雑巾で掃除しているイシガキの方を見てふふっと軽く笑った。


 五時間後。
 「ねえ新入りさん見て、すごいテキトーな時間の描写。」
 「やめろ。片付いたからいいだろ。」
 イシガキが訪れたときの、世界のどんな豚小屋よりも汚いような部屋はもう一つもない。床も足が映って見えるほどピカピカになっている。
 「そういえばさ」
 女の子は変わらず明るい表情でイシガキの方を向いた。
 「なんだ? 」
 「片付けてたらこんなの出てきたんだけど」
 そう言って彼女が持ってきたのは、深緑のバッグ。彼女がジャッとバッグのファスナーを開けると、
 真っ赤な太いロウソク、少しチクチクするような手触りのロープ、如何にも作り物っぽいピンク色のいわゆるそういう玩具、手錠、猿轡……完全に「そういう感じでああいう人を悦ばせるセット」がそこにあった。
 イシガキは静かに言った。
 「それ俺のバッグ。」

 「……引いたか? 残念だけどこれが俺……」
 「なんで? 引かないよ? 」
 イシガキはえっ、と意外そうな、自分だけに聞こえる小さい声を漏らした。確かに目の前には、あどけない、何も邪険に思っていない笑顔の少女がいる。彼女はイシガキを手で指し、言った。
 「それが君の、一つの『個性』じゃん? だから、全然おかしくない! 」
 屈託のない、綺麗な笑顔だとイシガキは思った。どこか救われたような気にもなったかもしれない。イシガキはフッと力の抜けた笑みを漏らし、その笑顔に返した。
 「汚物女かと思えば、なかなか面白い奴だな。」
 (汚物女……)と少しの引っ掛かりを覚える彼女の前に、イシガキは手を差し伸べる。
 「イシガキリュウグウウミウシだ。イシガキでいいぞ。」
 「! アタシ、イチゴジャムウミウシ! ジャムとか、ジャム子って呼んで! 」
 ジャム子はイシガキの手を勢いよく、ぎゅっと握った。お互い、綺麗な笑顔だった。


 「あっ、あのっ! 」
 横から投げ込まれた細めの声の方を、二人は同時に向いた。すると、その客人は少しびくっと体を硬直させ、二人を上目遣いで見た。あざとさはなく、本気で怯えているようだった。ウェーブのかかった長い緑の髪に、重たそうな緑のニットとロングスカート、少したれ気味のぱっちりとした目。いつ入ってきたのか、女の子がそこにいるのである。その子は、ぐっと思い切ったように口を開いた。
 「あ、あの……すらぐ荘って、ここ……でしょうかっ! 」


2話につづく

2話「捕食先は泣き虫ウミウシ」

 今にも泣きそうな顔……というよりもう泣いているのかもしれない、そんな弱気な顔でジャム子とイシガキを見ている。
 それが可哀想に思えたのか、ジャム子は答えた。
 「そうだよ、ここがすらぐ荘! もしかして君も新入りさん? 」
 怯えている女の子は元気のいい声に小さくビクッとしたが、「すらぐ荘」の単語を聞いて、少し安心したような笑みを零した。
 「あっあのっ……わたっ、私……今日からここ……に、住む予定、なんですけど……よっ……よろしいですか、ね……。」
 つっかえつっかえ、一生懸命に絞り出しました、というような言葉に少しの面倒くささと可愛さを、イシガキは感じていた。そして何故だか分からないが、なんとなく、漠然と、「欲」を感じる。……まあ可愛さを感じている時点でか、とイシガキは自分で納得させた。ただ、いくら自分の性癖に刺さるとはいえ、この調子では共に生活していくのにお互い非常に不安だろう。まずは基本の自己紹介だと、
 「俺はイシガキリュウグウウミウシ。イシガキって呼べよ。」
 「あたしイチゴジャムウミウシ! ジャム子とかジャムとか好きに呼んでね〜! 」
 二人は先ほどお互いでしたような、簡単な紹介を女の子に贈った。
 「あっ……あっ……私は……ミラーリュウグウウミウシ、と申します……。……ミラーと呼んでください。」
 途端、イシガキの脳内に稲妻が素早く駆け抜けた。「ミラーリュウグウウミウシ」……。そうか、だから彼女を見たときに……。
 「どしたの?」
 ミラーを視線で捉え続けているイシガキを、ジャム子が不思議そうに覗き込んだ。
 「いや、なんでもねえよ。」
 そう言うとイシガキはリビングを出ていった。
 イシガキが最初に感じた「欲」のように、ミラーもまた、イシガキの視線になんとなくの嫌な予感を頭に浮かべていた。


 三人はとりあえずの個人部屋を決めた。そこでもう二時間ほど各々で行動している。もちろんジャム子だって珍しく荷物を整理したり、たまに睡魔に負けてうたた寝したりしていた。が、30分くらい前から、ドン、ドン、と壁を叩く……というか殴るような重い音がするのだ。確か隣はイシガキだったと思うが。最初は寝相が悪いのだろうかと思って我慢して、時には心配していたジャム子だが、音はどんどん激しくなる。……別に壁の音とかけたわけではない。そんなくだらないことを言っている間に壁はドゴッと叫び声をあげる。家が壊れてしまう、そう思ってジャム子は勢いよく部屋を出、隣のドアを同じ勢いで開けた。
 うるさーーーーい!!! と叫ぶ予定だったがその声を呑むしかなかった。
 めっっっっっちゃ機嫌悪い。どちらかというと鈍感であろうジャム子でさえ瞬時にそう思った。さっきまで爽やかに自己紹介×2をしていたお兄さんと同じとは思い難いほど目は冷たく、全体的に殺気を纏っている。怖い。
 「どどどどどどしたの……」
 舌が上手く回らない。まさに蛇に睨まれた蛙だと思った。まあどちらもウミウシだが。
 「いっ、イシガキ、そんなに壁をいじめちゃほら、可哀想じゃ……あっ、いや、それも個性っちゃ個性だけどさ」
 ジャム子がしどろもどろに注意していると、イシガキがゆっくり距離を詰め、ぐっとジャム子の胸ぐらを掴んだ。
 「あだだだだだだ、ちょっ、すいませっ、ごめっ、ごめんほら! やっぱり個性でした! 個性! 個性だよ壁殴るのも! 」
 「いじめちゃ可哀想だぁ? 」
 イシガキは掴んだ胸ぐらをゆっくり上に持ち上げ、自分の顔の目の前にジャム子の顔を合わせる。いつも明るく、屈託のない笑顔を浮かべているジャム子でもさすがに怖く、無意識に唇を噛んでいて、目の下の皮膚がぴくぴくと動くのであった。その様子を見て目の前の男は満足そうににたりと笑い、
 「俺にいじめられるなんて泣いて喜ぶことだろ。」
 さらにジャム子の顔を近づけ、耳元でそう囁いた。ジャム子は、吐息が耳を弄ぶようでくすぐったいと思い、そのためかさっきの凍りついた体がふわっと溶けた気がする。と思ったのもつかの間、パッと手を離され、その溶けた体が鈍い音を立てて床に落ちた。
 「痛ぁっ!? 」
 「だからお前も喜べ! 壁と一緒に! 」
 そう言ってイシガキは床に伏せたジャム子の肩をぎゅうぎゅうと踏みつける。
 「いだだだだ……! これも個性か……! 」
 「あの……さっきから何を……きゃっ」
 騒ぎを聞いてドアが開いたままのイシガキの部屋を覗き込んでミラーは小さく弱い悲鳴をあげる。踏まれながらジャム子は顔だけをミラーの方へ向けた。
 「あっ、ミラーちゃん! あのね、今イシガキが」
 「すっ、すみません! お邪魔しました! 」
 なんかダメな誤解が生まれた気がする、と肩に痛みを感じながら、ジャム子は半ば諦めの表情を浮かべた。


 「誤解だったのですね……すみません私ったら……」
 三人はリビングに集まり、先ほどからの出来事を整理することにした。
 「いやいや、ミラーちゃんは悪くないよ。驚かせてごめん……って元はと言えばイシガキじゃん……」
 ジャム子は呆れた顔で隣のイシガキを見た。さっきまでの殺気(洒落ではない)はなくなったが、やはりまだ不機嫌そうである。
 「なんでそんなに機嫌悪いの? 」
  イシガキに呆れ顔のまま聞く。ちら、と横目でジャム子の方を見てイシガキは言った。
 「腹が減った。」
 子どもかよ。五文字がジャム子の脳の電光掲示板に表示された。
 「俺、腹が減るとテンション下がるんだよなぁ。」
 いやいやいやいやテンション下がるとかそんなもんじゃない。むしろ上がっているとも思う。というか変な個性のスイッチが押されている。ジャム子は頭の中だけで反論しながら愛想笑いをしておいた。ミラーが気を遣ってそっと口を開き、
 「でっ、でも、皆さんそうだと思いますよっ……。もう夕方ですし、ご飯にしましょうか……。」
 「ご飯にしましょうか」、その言葉が空間に放たれた直後。
 ミラーの右手はイシガキの口の中だった。


 それからが大変だった。
 イシガキはそのままがぶがぶとまさしく丸呑みでミラーを体内に取り込み、ミラーは泣き叫ぶ余裕もなく取り込まれていった。ジャム子はというと目の前で何が起きているか、頭の処理が追いつかず呆然とするばかりであった。オーバーヒートした脳内のまま、ぽつりとジャム子が言った。
 「ミラーちゃんは……? 」
 「ああ、食った。」
 「え」
 「俺が食った。」
 確かにミラーの姿はすっかりなくなり、イシガキが満足気に座っているだけだ。
 イシガキは、ミラーちゃんを、食い殺した……? 最悪の結果しかジャム子の頭には浮かんでこない。そのときである。
 かすかに息切れのような音が聞こえた。玄関の方に目をやると、深緑のウェーブ髪、緑の厚いニット、少しタレ目のぱっちりした目、そして臆病な眼差し…………ミラーだった。イシガキの方は頑なに見ず、伏し目がちにがたがたと震えている。
 「ミラーちゃん!? 」
 ジャム子はさらに混乱していた。イシガキまで「あれっ」といったような目でミラーを見ている。
 「たっ……食べられて、しまっても……元に、戻る……復活、するみたい、で……」
 小さな声だが、確かに「復活」という言葉が二人を貫いた。なるほど、創作に都合の良い設定である。
 「俺が満腹になったのも事実だし、ま、良いことじゃねえか」
 やれやれと安堵の声でイシガキは言う。それに異議を唱えたのはミラーだった。
 「私……すっごく、すっごく、怖かった……です……。イシガキさんは良いかも、しれませんが、私は……。」
 ぱっちりした目をさらに見開き怯える少女を見て、イシガキは考える。
 (それでも食わねえと俺が死ぬしなぁ……でもこの様子じゃ二回目はすんなりありつけそうにねえや……)
 「まあまあ、復活したんだしよかったよかった! ってことで! 仲良くしていこーよ! 」
 脳天気な声で言うジャム子の言葉に、イシガキはピン、ときた。
 そうだ。仲良く。
 イシガキはミラーに歩み寄り、後退しようとするミラーの肩を半ば無理矢理抱き寄せた。するとジャム子の方を向き、
 「そうだな! 助け合って生きていくことが大切だからな! ミラーも困ったことがあれば俺を頼れよ? 」
 (仲良くなって良い人だと思われたらこっちのもんだ)という考えを全く感じさせない爽やか系お兄さんスマイルを前面に出した。
 ジャム子は不穏を感じ取りながらも、まぁ仲良くなるならいいか、ということにしておいた。とりあえずSMグッズ大量持参系お兄さんであることはミラーに黙っておこうと思った。
 ミラーはというとぼろぼろととめどなく溢れてくる涙でもう周りは何も見えずにいたが、間違いなくイシガキは怖いという事実と素晴らしいほどの爽やかな笑顔は、はっきりと見えるようである。

うみうし駐在

うみうし駐在

ウミウシ擬人化コメディー創作。Pixivの方にも投稿しています。 キャラクター設定などはこちらを見ていただければと思います。⇒ https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64232009

  • 小説
  • 短編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-09-06

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND
  1. 1話「新生活と性癖と」
  2. 2話「捕食先は泣き虫ウミウシ」