抑圧

春乃


あたし瓶詰チェリーみたいに生きていたのとあのこが言った



あまい砂糖水に浸かってさ

おんなじようなやつらとぎゅうづめで

外なんか見えないくらいぎっちぎち

瓶詰みたいに生きていた

あまったるい匂いをぷんぷんさせて

やりたいことなんか何にもできずに

ママの言いつけだけ守ってた

あんた瓶詰チェリーって食べたことある?あれって最悪よ

あのこはへらへら笑ってた



ほんとはあたしだって こうじゃなかったかもしれない

今ここにいるのは瓶詰にされてたあたしだもん

もしあんな目にあってなかったら

もうちょっと違ったんじゃないかしら

もっと自由で、のびのびときらきらしてさ

ほら、たとえばその辺にいるかわいい女の子みたいに



ぼくは言った
あのね、きみが瓶詰にされててよかったよ

あのこは目をほそめてだいすきって言った

抑圧

抑圧

ばかっぷるの話です

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted