prayer

マチミサキ

さきほど

何気ない
街の景色の中で

【 天才 】を見ました。

安っぽい表現の仕方ですが
そうとしか思えなかったのです。

GiFT って
いうのですかね、

嫌な小人なのは自覚して
それでも言わせてもらうと

ズルい感じさえして
正直、嫉妬します。

どんな道にも
そういう才能を持った個というのは
現れますな。

好きこそモノの上手なれ、

とはいうものの

その常識的な範疇には収まらない

既存の
技術や経験値を飛び越えてくる人種

そして
それこそが
観るものを魅了し

他人の心に何かを強制的な程に
刻み込むような。


【 死ぬ気でずっと…頑張ればいつかは 】


を完全に否定する表現者

と、でもいうのでしょうか。

こういった天才は
それぞれの道を歩いてきた者には
特に判りやすいはず。

それまで頑張って努力してきた…
あるいは
懸命に走ってきた
【 追い越される者・勝てぬ者 】にほど。


天才とて
才能のみでは
努力家の秀才には敵いません

けど

結局

天才が努力してしまうと
もう
どうにも手に負えない

そして大概の場合に於いて
そうなります。


才能って
いったい
なんなのですかね

結局、私的に出した結論は

それはきっと

【生き方】

なのではないかと。

その生き方を知らしめる
自分を表現する力

他人が見たときに才能として認識されるのでは?

誰にも知られずとも
一生
誰の目に触れずとも

物凄い才能を持っている人間も
きっと居るとは思いますが

結局は

知られてこそ
認められてこそ

他人を感動させてこそ

天才という個が
他人により作られるのですよね


そして皆
心の何処かで
そういった存在を求めている

から

現れるのかも。


人間は皆
他人から認められたい
欲求を持っているはず。



その中でも



天才とは

自分の生き方を、
気持ちを、
考え方を、
この気持ちを、


━━私という人間を!


誰かに伝えたい
認めてもらいたい


━━解って貰いたい!!


……を、カタチにして発信した

【 凄まじい程の祈り 】を持つ者

…なのかもしれない


もし、そうであるならば

これも
推測でしかありませんが

祈り、とは
満たされぬ者が抱く【望み】

だとして

秀才とは
その道が好きで努力を続けられる者で

天才とは
秀才にプラスして
《飢え》ともいえる《望み》をも超越した
際限の一切無い
恐ろしい程の《欲望》を
手にした者の様な気がします。

だがしかし
角度を変えてみれば

その【 望み 】を持たざるを得ない
生き方を余儀なくされてきた
《持たざる者》であり

けして

《元から持っている者達》が
羨むような人生を
過ごして来た者では
ないのかもしれない…



そんな風に考えてみたりしました。

prayer

星空文庫様にも

この人…スゲェ!

Σ( ̄□ ̄;)モノホンダ!

と、思った人が居ますよ。

少なくとも私には
そうとしか
思えなかった作者さんが。

prayer

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-08-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted