夕日の帰路

西瓜

君と遊んだ帰り際。
別れたあと、ふと振り返ってみる。
今日も彼女はいるのかな。そう期待して。
夕日を背にした君が、こっちを向いて微笑んでいる。
嬉しいような驚きのような、複雑な気持ちで、ばいばい、と手を振る。
すると君も、またね、といって手を振り返してくれる。
再び君に背を向け、僕は帰路に着く。

この光景は、何度目だろう。
ふと、デジャヴのような感覚に襲われる。
いつだって振り返れば、君が微笑んでくれた。
それが当たり前の日常のようになっていた。
けれど、なぜだろう、という疑問が思い浮かんだ。
なぜ、彼女は僕に微笑んでくれるのだろうか。

君と遊んだ帰り際。
別れたあと、その場に立って君を見送る。
君はまた、もう一度、振り返ってくれるよね。そう期待して。
ふとこちらを振り返った君が、眩しそうに目を細める。
君が手を振る。そうしてくれるのが嬉しくて仕方なくて、私も手を振り返す。
そのやり取りが終わると、彼は私に背を向けて帰ってしまった。
寂しくもあったが、また明日会えると思うと、明日がとたんに楽しみになった。
彼が見えなくなったあたりで、私も帰路に着く。

この光景は、何度目だろう。
君は、いつだって振り返ってくれた。
それが嬉しくて、つい笑顔になってしまう。
それが当たり前の日常のようで、そうではないようで。
複雑な感覚になりながらも、確かにそれは嬉しい。
なぜ、彼は振り返るのだろう。
ふとそんな疑問が頭によぎったが、すぐにそれは忘れてしまった。
彼が振り返ってくれる。その日常的なことが、あまりにも嬉しく思えたから。

夕日の帰路

夕日の帰路

遊んだ帰りの夕日の綺麗な帰路の話です。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC