きんようびの夜は、ゾンビ

あおい はる

「虫歯になるから、ケーキはたべない」
と言って、コイビト、とやらがつくったカップケーキをみずうみにしずめる、きみ。
「ぼくはたべないけれど、魚たちがたべるかもしれないから」
なんて、きみはまるで、なにかを諦めたひとのような微笑みを、浮かべる。
 きんようびの夜。
 きんようびの夜は、ながい。
 夜はついさっき、きたばかりである。
 あと十六時間は、ある。
 魚ではなくて、熊とか、鹿とか、鰐とか、狐が、たべるかもしれないよ。
 ぼくは言った。
 きみは、
「なにかしらのいきもののエネルギーになるなら、なんでもいいよ」
と言って、笑った。
 笑いながら、たばこに火をつけた。
 意味がわかるようで、わからないことを言うな、と思った。
 みずうみは、いきものたちのにおいが、たちこめている。
 土のなかからもこもこと、ゾンビがでてくる時間である。
 もこもこでてきたゾンビたちは、街に行く。
 お酒をのむ。
 やきとりをたべる。
 やきとりを、串からはずしてたべるか、串に刺したままたべるかで、もめる。
 ゾンビはにんげんたちに、わるいことはしない。
 にんげんたちはいたずらにゾンビを、きずつけることがある。
 はがれかけの皮膚を、ひっぱりはがしてみたり、する。
「ゾンビはともかく、鰐がでてくるとやばいから、はやく帰ろう」
 たばこを携帯灰皿のなかに捨てる、きみのゆびに光るのは、赤い石のついたゆびわ。
 コイビトとおそろいの、ゆびわ。
 ぼくは街に、行かなくてはいけない。
 きんようびの夜は、ながいし、ゾンビもぞろぞろ、街にくりだすものだから、アルバイトしているカフェバーも繁盛する、ってもんだ。
 鰐はケーキを、たべると思う。
 ぼくは言う。
 きみは笑う。
 そうだね、と笑う。
「たべてくれたらいいね」
と、みずうみの底にとどきそうなほど低い声で、言う。
 ぼくたちがみずうみの水面に残った、カップケーキのかすをみているあいだにも、ゾンビたちは、もこもこと土のなかからあらわれ、街を目指す。
 ゆっくりと、のそのそと、ずるずると、歩いてゆく。
 みずうみのみずは、黒い。
 夜だからだ。

きんようびの夜は、ゾンビ

きんようびの夜は、ゾンビ

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND