みっつのパイ生地

k.m

あるところに、誕生日の同じパイ生地がみっつありました。

最初につままれたのは、その中で一番こんがりとしたパイ生地で
とても美味しそうな焼き色をしていましたが、
次第にその姿はクリームに覆われ、次のパイ生地がのせられてしまいました。

二番目につままれたパイ生地は、ひとつで4枚分もあるような厚みのあるパイ生地で
とても素晴らしい焼き上がりでしたが、
やっぱり、その姿はクリームに覆われ、次のパイ生地がのせられてしまいました。

三番目につままれたのは、ごく普通のパイ生地でしたが、
その上には控えめにクリームと木苺がのっているだけで、見るものの目をひきました。

彼らがお皿にのせられ、つままれる頃、
みっつのパイ生地はひとまとめに平らげられました。

みっつのパイ生地

みっつのパイ生地

重なる。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-04-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted