おれはフェリックス

絵里子

おれはフェリックス


 気まぐれは親ゆずりだが、それで損をしたことは一度もない。しかし、さすがのおれもカッとなった。おれは難しいことはわからん。ドイツのワイン畑で見張り番をするのが日々の暮らしだ。仕事に関しては人一倍誇りを持っているし、事実、いろんな人が褒めてくれる。
 あるとき、おれがワイン畑でいつものようにパトロールしていると、その畑の入口で、一人の女が、照れたようにこっちを見ている。
「フェリックス、こっち来なさい」
 だれだろう。見たこともない女だ。着ている服は高級そうだし、指にじゃらじゃらとダイヤの指輪がきらめている。はっきり言って、タイプじゃない。
 おれが返事をせずにいると、女はつかつかと近づいてきて、おれの肩をつかみ、
「ああ、かわいい!」
 ほほをすり寄せてくるのだ。冗談じゃない。貧しくとも働きがいのあるこの職場で、こんな甘ったるさにだまされるものか。
 おれは手をふりあげて、そいつのほほをなぐりつけた。
「あーっ!」
 駆け寄ってきたのは、おれの上司のヨハンだ。真っ青な顔をしている。
「どうだい、思い知らせてやったぜ」
 おれがそう言うと、ヨハンはおれを引っ張って自分の腕の中に抱きしめ、
「ダメじゃないか、この人は畑の新しい持ち主だよ」
「あらあ、いいのよぉ。驚かせちゃったんでしょう。わたしが悪いの」
 女は、しゃらりと言ってのけ、
「ヨハンさん、フェリックスを譲っていただけないこと? 給料は倍出すわ」
 ヨハンのやつ、少し考え込みやがった。おいおい、だいじょうぶか。
「すごく役に立つんですよ。フェリックスが来てから、ぶどうの被害が少なくなりましたし、なにより牛や馬とも相性がいい。これほどの天才を、右から左へ……」
「一万ユーロ、出すわ。これでどう」
 女は、高飛車に言った。
「は、では譲ります」
 おれはこうして、女の家に引き取られた。

 どうにも落ち着かない。仕事はおれの生きがいだった。それを取り上げられて、上げ膳据え膳の毎日。スレンダーだった肉体はぶくぶく太り、テレビ三昧で頭もパーだ。
 家に帰ろう。
 おれは、こっそり女の家を出た。
 見上げると、ワイン畑などどこにもない。
 見たこともない、灰色の建物が、ズラリと並んでいる。
 きんきらのガラスが日光に映えていた。
 ダメだ。
 これじゃ、帰る前に迷っちまう。
 おれはあっさりあきらめた。
 以来、食事を出されても、水を差し出されても、一切口にしなかった。
 おれは帰りたいんだ。

「フェリックス……。どうして言うことを聞いてくれないの? わたしがなにか、悪いことしたのかしら」
 女は、心配そうにそう言った。
 そして、決意をしたように、電話した。
「ヨハン、フェリックスの様子がおかしいの。早く来てちょうだい」

 ヨハンは、すっかりやつれていた。
 おれもきっと、おなじぐらいやつれているだろう。
「フェリックス!」
 あいつの顔が、おれを見るなりパッと輝いた。
「会いたかった! あんたがいなくちゃ、農園はやっていけないよ」
「にゃごー」
 おれもそう、答えた。
「しょうがないわね。あんたたちの友情のほうが、わたしの愛情より強かったってわけか。帰っていいわ」
 女は、脱力したようにそう言った。

 おれは今では、農園のウラ番だ。
 ヨハンは、おれにすっかり参ってる。
 おれを抱き上げなで回し、
「おまえはほんとうに、役に立つ猫だなぁ」
 と言うんだぜ。
 まったく、それは事実だけどな。
 

おれはフェリックス

おれはフェリックス

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-SA
原著作者の表示・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-SA