95

山田

携帯電話の明かりで照らせる孤独を抱えて
朝を待っている

夜は不安を深めるばかりで
やさしくしてはくれなかった

布団の中に潜り込んで迎えた夜明けは冷たくて
こんなものを待っていたのかと思ったら吐き気がした

叫びたくなるぐらい誰かの影に怯えて
震えていることの愚かしさを
あなたがわらって、ゆるしてくれた

だから、還らない。

震える足で夢を見て
生きていくことを選んだ日から
僕だけの人生ではなくなった

夜が来る

無数の影を連れて
孤独を深めに
また夜はやってくる

あなたのいない世界の隅で
それでも朝を迎えに行く


20170110

95

95

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2017-02-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted