笑える会議

岡田氏

とある、暇人たちの繰り広げるくだらない会議・・・

笑える会議 第一回 議題:オタクが大半の人に嫌われる理由と、その解消

小林「笑える会議第一回目の議題は、これとする。では、初めに嫌われる理由を提示してください。なお、この会議で異論や、差別的意見に対して反論していただくために、自称オタク代表三名に参加していただきます。え~、お名前は・・・初号機さん、使徒さん、ゼーレさんです。」

桐山「はい。太っている。」

初号機「私は、細い・・・が、嫌われている。」

桐山「・・・ロン毛」

甲斐(うわ~、ひで、残酷な桐山のテ・・・ダナ。)

初号機「え、今私見て言ったよね?うん。」

黒木「俺ロン毛やけど嫌われてへんで~。」

使徒「私は、太ってもいないし・・・ろんげでもないっすよ??」

甲斐(うわ~、初号機仲間からの攻撃やん。どんだけ嫌われてるの??)

初号機「え、なんで?なんで、私を見るの??え???」

ゼーレ「すべては台本どうりに。」

甲斐(あかん、だめや。)

しーん・・・・・

小林「え~、他に。」

黒木「やっぱ、リュックじゃね?」

初号機「リュックじゃなかったらいいんですか?・・・あと、かみきれば・・・」

甲斐(やっべー!!初号機ひきっずってるよ!さっきの、心にきてるよ!刺さってるよ!)

ゼーレ「あなたたちは、リュックの素晴らしさを知らない。」

使徒「そうだ、リュックの何が悪い!!!!!!!!!!!!」

小林「熱くならないで。今のをまとめると。体型、・・・ロン毛、リュックの三大要素に大体の問題があると思われる。」

甲斐(小林さんまで・・・初号機を・・・)

初号機「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!!!」

黒木「でもな、ロン毛も俺みたいにルックスあるやつなら似合うんだけどな。」

甲斐(初号機・・・完全に沈黙。)

小林「まぁ、実践あるのみだ。」


一週間後

初号機「だめだ。私は、もう。」

使徒「リュックじゃないと、肩痛いよ。」

ゼーレ「・・・やせれない。」

小林「結論。オタクには不干渉であることを心がける。嫌いなものには、触れない。これさえ守れば双方支障はないはず。これにて、第一回の会議を終了する。解散!!!!!!!!」

笑える会議

作者:岡田氏っす!くだらなくてすいません!!まぁ、馬鹿だなこいつト思い温かい気持ちでさげすんでください!では、またいつぞや・・・

笑える会議

よく分からない集団が行うよくわからない会議・・・暇で死にそうな人は、その時間を少しお借りしたいです。よんでしまったことを、たっぷり後悔させましょう。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-SA
原著作者の表示・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-SA