いつもの豆腐

高菜わさび

 
 いつもの豆腐がネギを乗せてた。
 「お前…」
 「なんだよ」
 「彼女出来たか?」
 「な…何言ってるんだよ、そんなわけないじゃん」
 しどろもどろ。
 「ふ~んそうなんだ、けどさ、お前の頭のネギ、この辺りじゃ売ってないネギだな」
 「冷や奴なら、九条ネギぐらい当然だろう!」
 「へぇ~わざわざ九条ネギにしたんだ!」
 「これからデートなんだ、ネギぐらい乗せなきゃ格好悪いじゃん」
 「その子、可愛いの?」
 「うん」
 「白いの?」
 「とっても!」
 「まあ、上手くやれよ」
 「…ありがとう」
 
 一週間後…
 (上手く行かなかったか)
 いつもの豆腐が泣きすぎて、もうちょっとで高野豆腐になりかけていた。 
 
 

 

いつもの豆腐

いつもの豆腐

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA