再放送

高菜わさび

 
 「旦那様がお亡くなりになりました」
 「あぁ…」
 「奥様、お気を確かに!」
 ふらめく奥様を支えるメイド。
 「現場にはご主人の頭にぶつかったと思われる豆腐の残骸がありました」
 「私が昨日の朝、最後に主人と会った時に、口論になりましたの…豆腐の角に頭をぶつけて死ねばいいのにって…そんなことを思わなければ良かった」
 「そんなことが…しかし、これは事故ではなく、他殺の可能性があります。旦那さんは撲殺ではなく、窒息死でしたから」
 「なんですって!」


 大きな体をしていながら、性格はとてもマメ、『今なお残る旧家の薫り、華やかな裏で、密かに蘇る殺意とは、大きな体にマメな性格、大豆警部がその謎を解く』

再放送

再放送

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA