浅野川

鍋島タマ子

川辺にて
紅葉の卯辰仰ぎしは
遥かに遠くのことなれど
深々と
川面に映る花街は
褪せることもあらねかし

浅野川

金沢に行った帰りの夜行バスで、浅野川周辺の風景が頭から離れなかったので書いてしまった。よくあるような詩を書いてしまった。

浅野川

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-12-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted