タヌキと和尚さん

絵里子

変身できる木の葉のチケット

 
 おじいちゃんから木の葉のチケットをもらったタヌキの子どもは、ちょっと冒険をするために、村へ行きました。

 村に降りる途中の道に、山寺があります。その寺に和尚さんが住んでいるのです。いたずら好きなタヌキは、まずは手始めに、この和尚さんを、だましてやろうと思ったのです。
 そこで学校で教わったとおりに頭に木の葉を載せて、けっこうかわいい少年に化けました。彼が寺に近づいていくと、和尚さんは、ちょうど庭の栗の木のそばで、栗をとっているところでした。
 
「和尚さん、和尚さん」
 タヌキの少年は、和尚さんに呼びかけました。和尚さんは振り返って、びっくりしたように目を丸めました。頭に木の葉を載せた少年が、こっちに向かって歩いてきたからです。
 これは、タヌキが化けて出てきたんだな、と思うとおかしくて、和尚さんは笑いをこらえていましたが、必死でまじめな顔になり、
「何の用だね」
 と訊ねました。

「和尚さん、その栗をひとつください。くださらなかったら、ひどい目に遭いますよ」
 少年は、かわいらしい声で言いました。
 和尚さんは、肩をすくめて返しました。
「ダメダメ、これは栗きんとんに使うんだから」
 少年は、ビックリして飛び上がります。
「栗きんとん!」
「もうすぐ完成なんだ。ちょっとなら分けてもいいよ」
 と、和尚さん。
 少年は、いたずらをしようと思っていたことも忘れて、思わずうなずいてしまいました。

「わたしはちょっと、村の用事で出かけてくるからね」
 和尚さんは、一通り栗きんとんを作った後に、そう言いました。
「はいはい、喜んで」
 少年は、ウキウキして言いました。
 台所に、甘ーい匂いが立ちこめてきます。
 さっきとったばかりの栗が入っていて、ものすごくおいしそうです。お腹がぐーっと鳴りました。
「ちょっとなら、わかんないよね」
 少年は、きんとんを指でなめてみました。
「甘ーい! おいしー!」
 さあ、それから少年は、もう夢中です。和尚さんのいないのをいいことに、栗きんとんをぜんぶ平らげてしまいました。

 和尚さんが台所に帰ってみると、ちょうど少年が食べ終わって、顔中きんとんで金色になっているところでした。
 和尚さんは、じっと少年を見つめています。
 タヌキの少年は、自分が恥ずかしくてなりませんでした。ここにある栗きんとんを、全部たべてしまったのですから、いいわけのしようもありません。
 そこで、タヌキは和尚さんの前に正座して言いました。
「栗きんとんを、食べてしまってごめんなさい。あんまりおいしかったから、止めようがなかったんです」
 すると和尚さんは、にっこり笑ってこう言いました。
「お腹が減ってたんだろう。一緒におにぎりを作って食べよう」
「え……? 怒ってないの?」
「怒るもんか。正直に言ってくれて、うれしいよ。わたしも一人で、さびしかったしね」
「ありがとう!」
タヌキの少年は、ぴょんっと立ち上がりました。
「お礼に、僕の宝物の、キレイな石をあげましょう」
「どんな宝物も、きみという友だちにはかえがたいよ」
 和尚さんは、そう言ってほほえみました。
 二人は、作ったおにぎりを、分け合って食べました。
 家に帰ったら、おじいちゃんに、木の葉は魔法のチケットだったよって言おう。
 タヌキは、そう思いました。

タヌキと和尚さん

タヌキと和尚さん

人間にイタズラしようと思ったタヌキが、結局人間と仲良くする話です。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 児童向け
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY