懐疑

sagge


君のようなサイボーグは危険だから…
そういって注射を用意する
腕を持ち上げられ針を刺される
まえに
相手の首に錐と同じくらい細長の針を刺した
ゆっくり引き抜くとピューと血が出てきた

Me or You, きみはそういう考えなんだね

竜巻を止めることはできない
融合し、さらに力を増す

ようこそ
豊かな地下水と地下世界
ようこそ
焼かれた皮膚

子どもたちは気づいている
背後から迫る破裂音に
どんどん近づいてるのは知っている
それでも冗談を止める理由は見つからないし
策を練ることを怠らない
耳元で鳴った
仲間が一人死んだ

それでも駆けずり回って食べるものを入手してくる
お前らを殺すために

懐疑

懐疑

久しぶりに書きました。説明は難しいです。よろしければご覧ください。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND