短篇:魔女の家(1)

コットン

ある場所をノスタルジーになる理由はそこに思い出があるからだと思う。子供の頃はなんのことない景色、匂い、音全てに不思議な感情を抱くことも多い。これはそんな話である。

とある日常と魔女

街の風景にはなんとなくノスタルジックにさせるものがある。具体的にというのは難しいが、それでもなぜかこころを複雑な気持ちにさせる妙な感覚になる。
そんなことは誰にでもあるし、それは人それぞれ違う場所で感じるだろう。私はそれがなんの変哲もないただの街であるというだけである。ただ私は「その場所」を特別なものと感じているのである。
私は小さい頃からこの街の住宅街に住んでいた。私の家は普通の家で、近くに一通りのお店が揃っていた。
そんな私の家の近くには一つ、古美術展と書かれた家が建てたれている。その家の周りには蔦が這っていて、玄関前の石畳の間には雑草が生えていた。それゆえに子供の間では「魔女の家」と言われていたほどの怪しさと妖しさがあった。
もちろん私もその話を知っていた。子供の頃、友達と魔女に会いたいという一心で興味本位で入ったことがある。その中は、窓から差し込む眩しい光や奇妙奇天烈な置物があった。それは子供でもかんじるほど神秘的だった。
その光景に見惚れた僕らはしばらくの間その場を動かなかった。その時、奥から足音が聞こえるとふと我に返る。それと同時に僕らは驚き、友達は全員、急いで外に出ようとした。しかし、私だけは頭が働かずその場で立ち止まっていた。その足音は徐々に私の方まで向かってきていた。
私はその場を動かず、足音の本体がこちらまで来るのを待ってしまっていた。足音の正体。魔女の正体は女性であった。

短篇:魔女の家(1)

短篇:魔女の家(1)

日常の中で私は不思議な体験をする。魔女の家と言われていたその家で私はたくさんの出会いと別れをするだろう。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY