公立探偵高校活動記録 #3

心季

公立探偵高校活動記録 #3

 いやいや、まだ終わらないよ。平穏な学校生活は、終わったけど…
 通称「新入生タバコ事件」の次の日学校中で噂になっていたけど、なんとかクラスメイトだけは、誤解を解く事が出来たが他のクラスや2,3年も正直面倒だったので、おばさんに無理やり投げてきた。それくらいは、してもいいだろ。
 この時は、これより衝撃の起こるとは全く予想出来ていなかった…

 ある程度学校にも慣れてきた頃、部活動を決めかねている状態だった。
 そもそも、田楽高校は、やたらと部活動が多い例えば、どこにでもある、野球部、サッカー部、水泳部、バスケ部など定番の部活は、大体そろっている。マイナー所でいくと、セパタクロー部、GO!GO!青春部など(最後のは、なにをやってるのか知らないが)とにかく、ふざけた部活が多いのだ。
とりあえず、文化系の部室を周る事にした。
 大体文化系の部室は、文化棟に集まっているので周るのは、楽で助かる。例のごとく(方向音痴)なんとか裏口にたどり着く事が、出来た。棟内に入ると沢山部室が並んでいた。その中で一つだけ異様に目立っていた。何部か分からない程「部員大大大募集」「来なきゃ、損するよ~」「今素通りしようとしたでしょ…」途中からよくわからないポスターが、扉に張られていた。ここまで来ると逆に気になってくる。おれは、とうとう好奇心の扉を開けてしまった。
 「こんにちはー今って部活中ですか?」
中には、金髪のシャツを着崩した人と黒髪のツンツン頭のこっちは、きっちと制服を着ていたが、名札のとこに「部長だ!」とでかでかと書いてあった。どっちもいろんな意味でやばそうだ…
「まだやっているぞ。新入生か」と部長だ!の方が
「入部届け持っているから、ただの1年じゃないぞ。期待の新入部員だ」と金髪の方が入部届けをおれから取り上げながら、言った。
「ちょ、ちょっと返して下さいよ、それにはいるなんて言ってませんよ。」
「でも扉に「入ったら強制入部」って警告してるんだけど」にやにやしながら、部長だ!が言った。確かに…良く探すと小さく書いてあった。こんなの探せる訳ねーよ!心の中で嘆いていた時に金髪が「まあまあ、1年をいじめるなや」なぜ関西弁…
「じゃあ、この部活の名前を当てたら、許してやらんこともないぞ」
おれは、真剣に考えてもさっぱり分からなかった。それもそのはずどこにも書いてない諦めかけた時に前のホワイトボードに大きく「新聞部」と書いてあった。意外と悪い人達では、なかったようだ。おれは、自信満々に
「新聞部、ですよね。」これで返してもらえる
 部長だ!が紙を渡しながら言った。
「入部おめでとう。公立探偵部へようこそ。」
「えっ……。」

公立探偵高校活動記録 #3

公立探偵高校活動記録 #3

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted