身体測定

怪盗KID

新一くんと蘭ちゃん身体測定です

四月。

新学期を迎えた帝丹高校では、男子にとっても女子にとっても春の一大イベントである、「身体測定」が行われようとしていた。


〜〜3年B組〜〜

「はーいみんな静かに!!これから身体測定を行います。女子から出席番号順に保健室に入って!」

3年B組の担任が生徒たちに保健室に入るよう促す。


「「「はーい」」」


ポッチャリ気味の女子は憂鬱そうに、また身長の高い男子は嬉々として、各々に保健室へ向かう。


「蘭…あたし最近連日パパの知り合いのパーティにお呼ばれしてたからやばいかも…」

園子が憂鬱そうに蘭に近づいてきた。

「えー?そんなことないって。大丈夫よ。」

蘭は軽く首を傾げた。

「蘭はスタイル抜群だから良いでしょうけど、私たちにはいろいろあるのよ。」

他の生徒も話に入ってきた。

「スタイルなんて良くないから!私だって最近…ブラがキツくなってきちゃって。…太ったかなぁ…」

蘭が自分の胸を見降ろしながら答えた。

「蘭…天然もそんくらいにしときなさいよ」

園子を含めた女生徒たちが一斉にため息をついた。



〜〜保健室〜〜

「じゃあみんな、制服のシャツとスカートを脱いで、下着だけになってね。」

「「「はーい」」」

養護教諭の指導で女生徒はみんなブラとパンツだけになった。

「蘭!その下着可愛い!どこで買ったの〜?」

蘭の下着はピンク色にレースがあしらわれた上下セットのものだ。

「え?これはね、えーっと、駅前の………ひゃあっ!?//」

蘭の抜群のプロポーションに、思わず二三人の子たちが蘭の胸を触ったのだ。

「え?え?ちょっとなに??//」

蘭が戸惑っていると、

「いいじゃ〜ん、別に減るもんでもなし。蘭の胸、一回触ってみたかったんだ〜!」

「わたしもわたしも〜!」

と、蘭は胸を友人たちに好き放題される。

「やぁっ、恥ずかしいからやめてよ〜//」


〜〜その頃、男子は〜〜

その頃男子生徒は保健室の前の廊下で待機させられていた。

「あー、女子遅ぇなぁ…」

「ほんとほんと。まじ暇だよな。」

「じゃ、そろそろ毎年恒例のあれ、やっちゃいますか。w」

「「いえーい!」」

帝丹高校でも有名な変態トリオがなにか企み始めていた。

「…おい、もーちょいそっち寄れよ…」

「あ?お前こそそっち寄れるだろ。寄れ。」

「お前らうるせーよ、もうちょっとで見えそうなんだから…」

3人組は保健室の窓から保健室の中を覗こうとしていた。

「おいおいおめーら…気持ちはわかるけどな、覗きはスマートじゃねぇと思うぜ…?」

見かねた新一が3人に話しかける。

「うるせーな!」

「お前はいつももてまくってるから俺らの気持ちは分かんねーんだよ!」

「そーだそーだ!」

3人は抗議の声をあげた。

「…んなことしてっからもてねーんじゃねぇの?」

新一はボソッと呟いたが、諦めて自分の場所へ戻ろうとしたその時、


「おっ!見えた!」

「どれどれ?ひょーっ!顔見えねぇけどスタイル抜群!ピンクのブラにお揃いのパンツか!かわいーっ♡」

「あれ誰だよ、他の女子に触られまくってるぞ!もーちょっとで乳首まで見えそーじゃんか!!」

「んー…あっ、こっち向くぞ!」

「あっ!あれは…毛利!」

「ラッキー!」


その刹那。



ダンッッッ!!!!


「ひっ…!?」

新一の足がが3人のすぐ横の壁に蹴りつけられた。

「お前ら……なに見てんだよ………?」

真顔で近づいて来る新一の迫力に3人は後ずさった。

「あっ…いや……」

「なに見てんだって言ってんだよ。」

どもる3人。

「誰が蘭の下着姿見ていいっつったよ。あぁ?」

遂に新一は言い出しっぺの胸倉を掴みあげた。

「だ…だってよぉ…別に毛利はお前のもんでもなんでもねぇんだろ?」


新一は少し下を見てから叫んだ。

「…蘭はおれのもんだっ!!!!」



ガラッ


「し、新一…??//」

新一が叫ぶのと同時に蘭たち女子が保健室から出てきた。



「らっ…蘭!?!?」

蘭は顔を真っ赤にしてこちらを見ている。


周りの女子たちは、

「ほら、行って来なよ」

とか、

「旦那が待ちくたびれたってよ」

とか、適当なことを抜かしている。

「新一…今の、…どういう意味…??//」

「き、聞いてたのか…??」

新一はやっと覗き野郎の胸倉から手を離し、蘭の方を見た。



「わたしは…新一のもの…なの??//」

蘭は真っ赤な顔をこちらに向け、尋ねた。


「…っ!」

新一は一瞬狼狽えた。

そして。



「…俺のものに…なって、くれるか…??」


「……!!!//」


突然の告白。


蘭は驚いたが、すぐに満面の笑みになった。


「もう……遅いよ//」

それは、照れ隠しの、承諾の返事。



新一は蘭に駆け寄り、蘭を抱き締めた。


「蘭っ…!好きだっ!!愛してる!!出会った時から、ずっと…!!//」

ぎゅううううっと、蘭が苦しいくらいに力を込めた。

「わたしも…新一が好き。大好き。//」

絞り出すような蘭の声。

2人からはラブラブ光線が発せられていた。


そのとき。


「あのー…俺らも、いるんだけど…」

「次、俺ら身体測定だし」

「2人の世界に入るなよな…//」


完全に存在を忘れられた男子たちが、もう見ていられないと抗議の声をあげた。


「あっ//」

蘭は途端に耳まで真っ赤になる。


「あの、工藤くんに毛利さん??そろそろ、いいかしら…身体測定再開しても…」

養護教諭の先生まで顔を赤らめてこちらを見ていた。


「あっあのっ!!すいません!!許してください…!//」

蘭は身体測定を止めてしまったことに平謝りする。

「すいませんでした。でも、俺明日測定来るので、今日はこれで早退します。良いですよね?」

新一の鋭い目に見つめられるとNOと言える人はほぼいないだろう。

「えっえぇ……」



新一は蘭の手を引いて歩き出した。

身体測定

なんか妙な展開に…汗

身体測定

新一 蘭 身体測定 告白 名探偵コナン 覗き

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日
2016-06-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted