オレオレ電話

盛田雄介

ジャンルをSFと言っていいのな微妙なショートストーリーです!

高齢者の珠代にオレオレ電話がかかってきた。

 片田舎の広い一軒屋で黒電話が鳴り響く。
八五歳の珠代は壁を伝い黒電話に向かった。
「はい。もしもし」
「久しぶり。元気してたかい。俺だよ、俺」受話器から聞こえるのは五十歳代くらいの男性の声。
「俺、俺って剛志かい。それとも武志かい」
「え、しっかりしてよ。俺だよ」
「あ、剛志かい」
「違うよ。母さん。俺だよ。忘れたの」
「じゃあ、武志だね」
「違うよ。俺だよ」検討外の返答に珠代は混乱した。
「俺じゃあ、わからないよ」
「俺は、俺だよ。だって、名前を付けてくれなかったじゃないか」
「一体、誰だい。あんたは」珠代は妙な引っかかりを感じた。
「本当に忘れたの。ほら、七十年前の夏。母さんが中学生の頃にトイレで産んでくれた俺だよ」
「そんな、まさか…」男の言葉に身体全身に冷汗が走る。
「寂しかったよ、母さん。あの後もずっと待ってたんだよ。でも、迎えに来ないから電話したんだ」
「それで、何の要件なんだい」
「今日は迎えに来たんだよ。これでやっと母さんを独り占め出来る」静まり返った家中にインターホンの音が鳴り響く。
「ゆ、許してくれ。あの時はあーするしか無かったんだ」珠代は受話器を置いて、玄関の方に叫んだ。
「母さん、大きな声を出して大丈夫かい。剛士だよ。ここ開けてよ」
「あ、剛士かい。今、開けるから待ってて」珠代はすぐに立ち上がろうとしたが、両足を何かに掴まれた。
「母さん。また、置いて行くつもりかい」珠代は声のする方を見なかった。そこには「俺」がいるから。

オレオレ電話

オレオレ電話

原稿用紙2枚程度のSFストーリーです。どちらかと言うとホラーよりかもしれません。

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-06-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted