10年目のクライシス(バブル崩壊狂想曲)

高木繁美

10年目のクライシス(バブル崩壊狂想曲)
はじめに
  ここは、三重県「いなべ市」にある喫茶店のフーゲツ。モーニングのホットサンドは絶品です。
私は、名古屋大学「教育学部」を卒業後に、アメリカのユタ州ローガン中学校で教師をしていた。末日生徒イエスキリスト教会が盛んな州です。
帰国後は、名古屋の河合塾学園などで講師をしていた。その頃、40人中2番人気の講師だったし、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格した。
  もう、自分は「鬼に金棒」だと思っていた。これが自分の実力だと過信していた。ところが、自分の塾がうまくいっていたのは、私の実力などではなくて、単なるバブル景気に踊らされていただけだった。そんなことは、後にならないと分からない。
  バブルが崩壊したら、カオスが待っていた・・・
  亡き父は、塾の掃除などの手伝いをしてくれていたのに、心配ばかりかけた。正直に書くと、ウザいと思っていたのだが。
第一章
「それは、バブル崩壊からはじまった」
  長女が生まれたとき、私は思い切って塾を新築し、アパートから一軒屋に引っ越した。もちろん、20代でお金がないから、あちこち頭を下げて銀行から巨額の融資をしてもらった。20年ローンだった。ン千万円の現金を手にしたときは、震えました。
  それから、10年ほどたった頃にバブルが弾け、一般ピープルの懐具合が悪くなり、少子化も進み、塾の経営環境が厳しくなっていった。その頃に、A子ちゃんが来てくれたのだけれど、とても賢そうだった。
  このとき、私は公私共に危機に陥っていた。プライベートな方は、奥さんと別居して四日市の家庭裁判所で調停をしたのだけれど、私に浮気、暴力、生活費を入れないなどの法廷離婚理由がないので離婚できない状態が続いていた。
  娘たちが思春期だったので、離婚してショックを与えたくなかった。
  しかし、長女が大学に入学する時が迫り、奥さんが持ち出した通帳の半分でも返してもらわないと入学金や授業料の支払いに支障をきたす。悩みました。後になって分かったのだが、もと奥さんも再婚を焦っていたらしく、離婚する必要があったらしい。
  再婚相手がインド人と聞いて、私はビックリした。
  結局、私は長女の学費のために法的な離婚に応じることにしたが、次女も、三女も大学入試が近づいていた。
「ボクが夜逃げしたら、母は生きていけるかなぁ」
  私が大学2年生で留年した年の夏休み、両親は心配したのだろう。どういうわけか、私の短期アメリカ旅行のために50万円を支払ってくれた。決して裕福ではない親だった。親戚からお金を借りていることも知っていた。
  自分が父親になって、子供三人を大学に行かせるためにお金を用意するのは大変だと分かった。今更ながら、親のありがたさを感じる。
「そんな母親を置いて夜逃げか・・・」
  当時、ボクは何を考えていたのだろう。月末の給与の支払いの金策ばかり考えていた。生徒を増やす方法ばかり考えていた。
 百五銀行も、桑名信用金庫も、政策金融公庫も、すべて信用保証協会につながっていて融資は限界。電気屋さんに見積書を作ってもらい、融資を引き出し、娘の学費を名目にお金を借りた。 

  しょせん、頼りになるのは自分だけ。本当に困ったときに手を貸してくれる人などいない。


第二章
「高校数学と、A子ちゃんのめざめ」

何もしなければ、お終いだから、英語講師と思われていたけれど、高校数学のクラスを作ることを考えた。定評のある問題集を調べ、ネット情報のほかに書店に並んでいる数や塾生の子たちから情報を集め

1、オリジナル(研数書院)
2、チェック&リピート(Z会出版)
3、1対1対応の演習(東京出版)

  を使用することにした。エール出版の合格体験記などを見ても、よく使用されていることを確認した。これらの教材の有効性に関しても、塾講師として確認しなければならなかった。
 しかし、高校数学は大学受験5日前に全身痙攣で入院騒ぎを起こしてトラウマだった。医者は、ノイローゼの一種だと言っていた。また、倒れる覚悟をしなければならなかった。
A子ちゃんは小学校の時から
「私は医者になりたい」
 と言っていた。私の塾はそういう子が多い。しかし、家庭は金持ちではないので何がなんでも国立大でないといけないと覚悟していた。私の小学校時代とはえらい違いだ。
 中学校では猛勉強して常に学年でトップクラスだった。そして、
「自治医大だと無医村に行けば学費が浮くとか聞いた」
 とお金がなくても医者になれる情報を集めだした。私もできるだけ協力して情報を収集した。そう思わせてくれる塾生だった。
カードローンも、レイク、プロミス、UFJなど4つ。アイフルには断られるありさま。確定申告の額が低すぎた。中京銀行には
「個人塾は負け組み」
 と罵られ、学書の支払いを遅らせていたら
「近いうちに伺います」
 と言われ、怯えていた。
食器棚をモノマニアに売ろうとしたら
「10年以上のものはガラクタです」
 と言われた。
「そうか、私はガラクタに囲まれて生きていたんだ」
  中京銀行だけは、絶対に許さない。今に見ておれ!
 画像と本文は関係ありません。
第三章
「京大を7回受けることになりました」

 私の作戦は、京都大学を実際に7回受験して、成績開示をする。その際、最初の2回は「オリジナル」、次の2回は「チェック&リピート」、最後の2回は「1対1対応の演習」を使用すること。
  その結果の平均値を比較することにより、文系人間に分類された英語講師が京大レベルの数学が合格ラインを越えるられるのかを検証する。年度による難易度の差、学部により採点者が異なると思われるので、そこも考慮して考察してみる。
  高校を卒業して30年を経過して50代での受験となるため、ほぼゼロからのやり直しとなった。しかし、この試みが成功したら、生徒の方の信用を勝ち得る可能性が大だった。失敗は、許されない。
 灘やラサールや東海の過去問を集めて練習する授業を、A子ちゃんのリクエストから始めた。そして、当然のように四日市高校の国際科に合格した。
 その頃、メールやファイルが普及し出したので私はさっそく
「家庭学習中に出た質問はなんでも送れ」
 と塾生に檄を飛ばした。私は中学生は5科目、高校生は英語と数学に対応できるのだ。ところが、そんなサービスも怠け者には何の意味もない。
 しかし、A子ちゃんはほとんど毎日ファイルを送ってきた。その質問の内容も勉強していないと出来ない質問ばかりで感心することが多かった。私は、A子ちゃんからどれほどの力をもらったことだろう。実は、白状するが高校の数学を指導しようと決めたのは彼女の影響が大きい。まさか、塾生に背中を押されるとは。
 日曜も、祝日も関係なく、365日働いてもダメだった。奥さんが連れていった時、末娘はわずか三歳。残された次女は小学生の低学年、長女は高学年だった。そんな子供たちの顔を見ていたら、過労死など怖くなかった。
 そんな子たちも、大学受験が近づいていた。
父が私のためにかけてくれていた生命保険を解約し、母の年金ばかりか、葬儀のための積み立てさえ崩させてしまった。娘にお金をせがまれても、出せなかった。もと奥さんのために買った指輪は、下取りでも1万円にしかならなかった。
本当に亡くなった父に顔向けができなかった。ろくでなしの息子だった。
 土地を売ろうにも、遺産相続がうまくいかないし、リバースモーゲージは都会のみと言われるし、もう万事休すで夜逃げか首吊りだと思った。
 英語に関しては、A子ちゃんは高校の時に英検の準1級に合格した。だから、英検1級の先生が必要になった。私は彼女の書いてくる英文の日記を読みながら添削をし始めた。これが、後にネットによる通信生の募集につながった。まことに、A子ちゃんが私に与えた影響は大きい。
 1級レベルのアドバイスをすると、たいていの生徒の方は
「何を言っているのか分からない」
 という反応だったけれど、A子ちゃんは私の意図することを即座に理解するため、授業も楽しかった。語彙や文法が正しければ良い英作文が書けるわけではない。
  その当時、講師を2名雇っていたが、どうしても1人クビにしなければならなかった。そしたら、1人の講師と大喧嘩になりクビにできた。外国人の講師で、日本が嫌いな講師だったのだ。

 京都大学を受けた結果は、以下のようだった。

   平成18年、20年(文学部)   正解率の平均 33%
   平成21年、22年(教育学部) 正解率の平均 39%
   平成23年、25年(総合人間) 正解率の平均 64% 

  最高が70%であった。京都大学のボーダーラインは医学部以外65%程度なのでボーダーを越えたと判断した。

 京都大学
第四章
「危機からの脱出」
  講師の先生には、このままでは倒産であることを話していたから、退職金の話はでなかった。講師をクビにできたお陰で、
• 退職金を出す必要がなくなった。
• 融資を受ける必要がなくなった。
• 高校クラス、通信制が軌道に乗り始めた。
 あれは、まさに千載一遇のチャンス。神様のご加護だった。
「もうダメだ」
 と思った時に、生徒が来てくれ、知恵を絞って金策に走り回っていた。娘の大学入試が迫っていた。
もちろん、守りだけに奔走していたのではない。この地区は少子化だし、過疎の町だし、何より進学に興味がある人がほとんどいない。だから、心の中で見捨てた。
 当たり前だが、マナーやエチケット、採点官に対する思いやりが欠ける英作文は高く評価されない。学力だけではなく、そういう人間的な深みがないと見込みがない。浅い理解では京大などの難関大は合格できるものではない。
 実は、私に京大を7回も受けさせたのも直接的にはA子ちゃんの影響が大きい。
「この子は日本の宝だ。何としても志望校に合格させなければ」
 と思った。出来ることは何でもやる。娘以外の人間で、私にそんな思いをさせたのはA子ちゃんが初めての生徒だった。
もっと大きなマーケット。そして、ネームバリューのあるもの。私ができることを考えた。それも、お金がないのでタダで出来るもの。そこで考えたのが、京大生むけの英作文の添削の通信生。その構想は以下のようなものだった。
• 全国をマーケットにして
• 京大という日本で有数の知名度を利用し
• 京大を受けて、成績開示をし、
• ブログやYoutubeの動画は無料だから、広報する。
 京大は、毎年1万人くらい受験する。Z会の仕組みはわかっていた。添削者に質問できないのが弱点だし、添削者の実力が開示されていない。信用できない。
 この1万人の1%でもお客様になってもらえたら100人だ。見込みはある。写メやスキャンを使って親切丁寧にやれば受け入れられるはず。そう信じたものの誰もやったことがない試み。どうなるか分からなかった。
「私は英検1級、通訳ガイドの国家試験に受かっている。大丈夫だ」
 やるしかないのでセンター試験に願書を出したら受験会場は三重大のある教室。偶然にも、長女と同じ教室で受験だった。
A子ちゃんは、あるクラブに所属して大会で入賞する成績をおさめていることは耳にしていた。ところが、高校2年のある時、自主的にそのクラブを引退した。理由は分からなかったけれど、成績が伸び悩んでいたのが理由だということは推測できた。
 私は、彼女の覚悟というか気魄に驚いた。
「先生はバツイチでも、1回結婚できたからいいですよ」
 と笑っていた。言葉の端々にクラブばかりか、彼氏も結婚も何もかも犠牲にしても医者になるんだという決意が満ちていた。彼女のクラスがある時は、楽しかったけれど緊張した。
「この仕事を始めてよかった」
 私にそう思わせてくれた塾生の子は多いが、彼女はダントツの存在だった。
  結局、Z会は8年間、京大模試は河合と駿台あわせて10回。センター試験は10年連続して受け、京大の二次試験は7回受けた。そして、成績開示を塾のホームページ、Youtube、アメブロ、フェイスブックなどで公開した。
 高校数学は、オリジナル、1対1、チェック&リピート、赤本をそれぞれ2周やった。
 全力を注いでも、必ずしもうまく行くとは限らない。そして、その時に誰も手は貸してくれない。家族のためなら鬼にも夜叉にもならなければならない。私は娘たちのためなら悪魔に魂を売ることも辞さない覚悟だった。
 学校のように、人工的に与えられた「愛」や「絆」ではなく、踏まれて蹴られて地面を這いつくばって、絶望のどん底でもがき、戦って、それでも残った思いだけが「愛」や「絆」と呼べるもの。
世の中は移り変わってゆく。それなのに、何もせず抵抗勢力にしかなれない人と仲間にはなれない。自分の愛する人たちを守るには、そういう自滅していく人たちと関わるわけにはいかない。
「勝手に滅びろ!」
 私は、手を貸してくれなかった人たちを恨み、呪いの言葉をはいていた。
人は親子でさえ、なかなかうまくいかない。バツイチになった私は夫婦でもうまくいかないことを知っている。ましてや、他人で「絆」が結べるのは一生に何人いるのだろう。
そういう現実を知っている塾生の子たちは
「また、学校の先生がきれいごとを・・・」
 とバカにするのだ。
A子ちゃんは家庭環境にも、経済的にも恵まれていなかった。多くの生徒は、過酷な環境に置かれるとグレるか性格が歪む。しかし、彼女は厳しい環境を自分を育てる肥やしにできる稀な子だった。
「政策金融公庫と奨学金と私のバイトで何とかする」
 そういうA子ちゃんだった。そして、ある時ボソっと
「お母さんが生命保険を解約するって・・・」
 と小さな声でつぶやいた。

第五章
「うまいウナギ丼」
 離婚後の食事はコンビニおにぎりが主食だった。
ところが、成績開示をしたら通信生や通塾生が増えて、合格実績はどんどん上がっていった。個人指導の高校生も増えてきて、歯車が良い方向にまわり始めていった。
ウナギ丼は限りなくウマイ。コンビニの死んだ食べ物ばかりで身体が悲鳴をあげていた。生きた食べ物を身体が求めていた。温かい食べ物を身体が求めていた。生き物の本能を抑えることはできない。
女性と関わるのは、もう懲り懲り。自由な発想ができないと、ビジネスはうまくいかない。ビジネスがうまくいかないと罪の無い子供たちが飢えてしまう。
私は、奥さんが敵にまわるとは想像もできない迂闊な男だった。今は子供たちも独立し、そろそろ自分の夢を再開するつもりだ。
  A子ちゃんは、貴重なお金を塾に提供してくれるのだから、リキを入れないわけにはいかない。損得勘定などなかった。何としても合格してもらわなければならなかった。彼女が多くの患者さんを救うことは間違いない。待っている人がいっぱいいる。
   私は中学・高校時代を通じて、A子ちゃんと言えばジャージと思っていた。たまに制服で来てくれたけれど、女子度はゼロ。可愛い髪飾りを付けるでもなく、フリフリの洋服を着るでもない。もちろん、髪振り乱して勉強ということはなく、清潔にしていたけれどファッションに時間も金もかけるヒマはなかった。
  A子ちゃんには、私がバツイチになったことを話していた。A子ちゃんが、自分の事情を話してくれたのは、私が全てオープンだったからだろう。私が公私共に一番キツイときに、A子ちゃんもキツイ状況だった。戦友のようなものだ。
  怒涛のような10年間だったが、今はA子ちゃんに匹敵するような通塾生が何人もいてくれる。通信生は、北海道から鹿児島までいてくれる。合格実績は、以下のような状態で、経営は安定した。
  今日のお昼は、ちょっと奮発して、錦のウナギ丼でも食べるか。
合格実績(高木教育センター)
2016年度(7名) 京都大学「医学部」、京都大学「理学部」、大阪大学「人間科学部」、名古屋大学「経済学部」、名古屋市立大学「医学部」、神戸大学「経済学部」、御茶ノ水大学「理学部」
2015年度(6名) 京都大学「経済学部」、京都大学「総合人間学部」、東京医科歯科大学、大阪大学「外国語学部」、東工大、名市大「薬学部」。
2014年度(4名) 京都大学「医学部」、大阪大学「医学部」、京都大学「工学部」、三重大学「工学部」。
2013年度(3名) 京都大学「医学部」、名古屋大学「医学部」。京都大学「経済学部」。

  父は、滋賀大学を受けて落ちたと亡くなる直前に話してくれた。息子がこんな仕事をしているから、話しづらかったのだろう。戦争の混乱の中で、結局大学に行けなかったらしい。
  その無念さが、ウザいほど私の仕事に口を出してきたのだと思う。自分が父親になって、分かったことが多い。「ありがとう」と言いたいが、遅すぎた。
初孫が生まれた。父に見せてやりたかった。
京大を受けてから10年。宇宙時間では、うたかただろうが、人間には長い。A子ちゃんは、立派な社会人になって働いている。もう結婚しただろうか。
本文と画像は関係ありません。
番外編(1)
 「崩壊前夜までのこと(数学)」
 最初に
「ボクは数学が苦手なのだろうか?」
  と疑問を持ち始めたのは、四日市高校の2年生の頃。1970年代の四日市高校は男子の割合が大きく、男子クラスがあり私は男子クラスに在籍していた。
  当時、男子は理系に進むのが大多数だった。その中にあって、テストの度に数学が壊滅的な点数になっていた。全国の模試なら、そこそこでも四日市高校の男子クラスではどうしても周囲の子と点数を比較してしまう。平均点と比べてしまう。
  点数だけでもない。三角関数、対数、微積分と進むにつれて
「もうボクの頭には入りきれない」
  と友人にぼやいていたのを思い出す。物理で13点を取り、
「こんなのありえない!」
  とショックを受けて、クシャクシャにして捨ててしまった。私は数学の公式を使う場合に、
「証明できないと、使う気になれない」
  というタイプだった。今思うと、それでは前に進めない。結局、自分が何をやっているのか分からなくなり気持ちが混乱し始めた。そして、1974年の大学受験の5日前を迎えた。
  2階の勉強部屋で数学の勉強をしていたら、突然手足が震え始めて椅子からズリ落ちてしまった。そして、
「お父さん、ボク変だ」
  と叫んだ。二階に駆け上がって来た父は、ひっくり返った亀のように手足をバタバタしている私を見て
「お前、何をしてんだ」
  と言った。そして、近くの総合病院に担ぎ込まれた。
病院の看護婦さんは、私の手足を押さえつけながら
「アレ?高木くん、どうしたの?」
  と言った。北勢中学校の体操部の先輩だった。
  診断は、神経衰弱。いわゆるノイローゼとのことだった。私は頭が狂うことを心配したが、医者が言うには
「そういう人もいるが、身体に症状が出る人もいる」
  とのことだった
 いなべ総合病院
 「崩壊前夜までのこと(英語)」
最初に
「何かおかしいぞ」
 と気づいたのは、1982年にアメリカのユタ州ローガン中学校で社会の授業をしている時。同席していたネイティブの教師が、しばしば私の授業を中断して生徒に向かって説明し始めた。
「ミスタータカギが今使った単語の意味はね、---」
 と解説を始めた。それで、一番仲のよかった理科教師のアランに
「なんで私の授業を中断するのかな?」
 と相談したら
「お前の英語は綺麗だけど、ビッグワードを使いすぎなんだ」
 とアドバイスをくれた。それで、注意して職員室の会話などを聞いていると、確かに中学レベルの英語を使っている。自分が受験勉強で習った難解な単語など全く出てこない。
 not more than と no more than の違いなど、使わないのだからどうでもよかった。私の塾生たちは、高校で与えら得た「システム英単語」を使って単語をいっぱい覚えているが、多分ムダになる。
  アメリカから帰国した私は公的な資格を取ろうと思って、とりあえず英検1級の過去問を書店で入手した。そして、知らない単語や表現を見つけてウンザリした。
  もはや、高校生の時のように
「頑張って勉強しないと」
 と自分を責める気になれなかった。私はネイティブの助けを借りて問題を解き始めたが
「これは何だ?なんで、日本人のお前がこんなものを」
 と言う。それで、
「どういう意味?」
 と尋ねると
「こりゃ、シェークスピアの時代の英語だよ」
 と笑っていた。
  しかし、アメリカから名古屋にある7つの予備校、塾、専門学校に履歴書を送付しても全て無視されたので、私は日本の英語業界で認知されている資格を取らざるをえなかった。

10年目のクライシス(バブル崩壊狂想曲)

10年目のクライシス(バブル崩壊狂想曲)

  • 随筆・エッセイ
  • 短編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-05-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted